青汁を選ぶポイント

青汁を選ぶポイント

健康のため青汁を飲み始めようとしている人は多いと思います。
実際に多くの人が青汁を飲み続けることで健康維持や体質改善に成功しています。
青汁を飲むことで目的を達成している人は、最初に自分の目的に合った青汁を選ぶことに成功しています。
今回は青汁を選ぶ際のポイントを分かりやすくお伝えします。
ご自身の目的に合った青汁選びにお役立てください。

青汁には様々な種類がある

ひと口に青汁といってもその種類は様々です。
原料や青汁のタイプ、味や配合されている成分などで得られる効果も変わってきます。
そこで、青汁を飲むことでどんな効果を得たいのかをはっきりと決めることが大切になります。
また、ご自身の生活スタイルに合わせて飲みやすいタイプの青汁を選ぶことも大切です。

原料の違いによる効果の違い

青汁には色々な原料があります。
それぞれの原料に特徴があり、その原料から得られる効果に違いがあります。
また、味にも違いがあります。
ここでは青汁の代表的な減量であるケール、大麦若葉、明日葉から作られた青汁についてお伝えします。

ケールから作られた青汁の特徴

ケールとは、キャベツやブロッコリーの原種といわれる野菜でヨーロッパ原産です。
キャベツやブロッコリーに比べて苦みが強く、独特のくさみもあります。
ヨーロッパではケールの葉を煮込んだ料理があり、広く食べられています。
ケールは苦みやにおいが強い反面、多くの栄養素が他の野菜よりも高い含有率で含まれているので、日本では九州地方や岡山県で青汁の原料として使用されてきました。
昔は青汁といえばケールの青汁を指しました。
苦みが強くても健康効果が高いため、現在でも販売され続けている青汁です。
ケールの青汁特有の成分にはメラトニンがあります。
メラトニンには安眠を促す作用があります。
ケールの青汁は、苦くても高い健康効果を誇る青汁です。

大麦若葉から作られた青汁の特徴

大麦のまだ穂が出てきていない若葉から作られた青汁が、大麦若葉の青汁です。
大麦若葉にもケールに負けないくらい多くの栄養素が含まれています。
味も苦みやにおいが少なくクセがあまりないので、ケールの青汁が苦手な人でも飲みやすいといわれています。
大麦若葉の青汁に含まれている代表的な成分は、SOD酵素と呼ばれる成分です。
このSOD酵素には高い抗酸化作用があり、活性酸素が原因でおこる動脈硬化や身体の年齢以上の老化を防止する効果があります。
飲みやすいため、お子さんからお年寄りまで多くの人に飲まれている青汁です。

明日葉から作られた青汁の特徴

明日葉は房総半島などに自生するせり科の植物で、現地では昔から健康に良い植物として食べられてきました。
ケールや大麦若葉と同じく高い栄養素を誇ります。
明日葉はせり科の植物のため、せり科の植物特有の独特のにおいや味がします。
また、明日葉特有の成分にカルコンと呼ばれる成分があります。
明日葉の茎を切ると黄色い汁がでてきますが、この黄色い色をした成分がカルコンです。
カルコンには抗酸化作用による活性酸素を除去する作用の他、内臓脂肪を減少させる効果が認められています。
そのため明日葉の青汁は内臓脂肪が気になる人におすすめする青汁です。

タイプによる青汁の違い

青汁は原料の違いの他に、タイプによる違いもあります。
それぞれのタイプに長所があるので、自分の生活スタイルに合わせて最適な青汁を見つけましょう。

液体タイプの青汁の特徴

液体タイプの青汁は、購入してそのまま飲むことができます。
多くの液体タイプの青汁は100mlから200mlほどの飲み切りサイズの容器に入っています。
定期購入などでまとめて購入すると少々場所をとり重さもありますが、新鮮な青汁を簡単に飲むことができます。

粉末タイプの青汁の特徴

減量を微細粉末化した青汁です。
スティックごとに小分けになっていて、飲むごとに水や豆乳などに溶かして飲みます。
スティック一袋3gから4gほどと軽くて場所もとりません。
また、カレーや味噌汁、フルーツジュースなど、他の食品に混ぜることもできることが特徴です。

錠剤タイプの青汁の特徴

指の先にのるほどの小さな粒状の青汁です。
完全に固形ですので持ち運びも簡単で、溶かす必要もないので水さえあればどこでも飲むことができます。
そのため外出することが多い人におすすめの青汁です。

冷凍タイプの青汁の特徴

工場で絞った青汁を冷凍にして、そのまま販売している青汁です。
解凍して飲む必要がありますが、新鮮な青汁を飲むことができます。

その他のタイプの青汁

最近ではまるで羊羹のような食感の青汁や、ゼリー状の青汁も販売されています。
食感も楽しみたい人におすすめです。

青汁のその他の特徴

原料やタイプの違いの他にも特徴がある青汁があります。
それは、特定の効果を発揮する成分を添加した青汁です。
例えば、美肌効果を発揮するコラーゲン入りの青汁や、ダイエットに効果を発揮する、トウモロコシ由来の水溶性食物繊維である難消化デキストリン入りの青汁などがあります。
原料のみを純粋に摂りたい人もいますが、プラスアルファの効果が欲しい人にはおすすめの青汁です。

自分に合った青汁を選ぼう

青汁にはこのように原料や味、タイプなどによる違いがあります。
その中から自分に一番合う青汁を選ぶことが、青汁を長く飲み続け、効果を実感するコツです。
ご自身の目的や生活スタイルに合わせて、最適な青汁を選びましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品