さっぱり飲みやすい青汁ソーダ

さっぱり飲みやすい青汁ソーダ

青汁は工夫次第で色々なレシピが楽しめます。
栄養満点の粉末タイプの青汁をいつもの料理に混ぜるだけでおいしく健康にも良い料理が出来上がります。
今回は暑い季節にオススメのさっぱりと飲みやすい青汁ソーダの作り方をお伝えします。
いつもの青汁がお口の中ではじけるおいしい飲み物に変わります。

粉末タイプの青汁はアレンジレシピを作りやすい

青汁ソーダを作るためには粉末タイプの青汁を使います。
粉末タイプの青汁は、3gほどの青汁粉末がスティックに小分けにして入っている青汁で、水などの液体に溶かして飲みます。
水以外の飲み物に溶かして飲むこともできるので、溶かす飲み物を変えるだけでアレンジレシピを作ることができます。
水以外の飲み物で定番のレシピは、牛乳や豆乳に青汁を溶かして飲む、青汁ミルクや青汁豆乳です。
また、フルーツジュースに青汁を溶かして飲む、青汁フルーツジュースも人気があります。
それぞれ溶かす飲み物の栄養も摂ることができるので、より高い健康効果を得ることもできます。

炭酸水で青汁を割る

他の飲み物で青汁を割る要領と同じように炭酸水で青汁を割ると、さっぱりとした飲みやすい青汁ソーダを作ることができます。
炭酸の爽快な飲み心地で青汁が飲みやすくなるオススメのレシピです。

青汁ソーダの簡単レシピ

青汁ソーダの作り方は簡単です。
以下に材料と作り方をお伝えします。

青汁ソーダの作り方
・材料
・青汁粉末スティック一袋約3g
・炭酸水100ml~150ml

作り方
・グラスに青汁粉末を入れる。
・少量の炭酸水を注ぎ、スプーンなどで青汁粉末をよく混ぜる。
・残りの炭酸水を注ぐ。

以上です。
炭酸水の量は好みで調節しましょう。
また、氷を入れてもOKです。
これだけでもおいしい青汁ソーダを飲むことができますが、甘さが欲しい場合はハチミツなどで味を付けましょう。

青汁専用シェイカーで青汁ソーダを作ろう

青汁ソーダを作る際のコツをお伝えします。
青汁粉末を混ぜにくい場合は最初に青汁専用のシェイカーを使い混ぜるとよいでしょう。
青汁専用シェイカーは青汁を定期購入するとプレゼントされたり、通信販売で買うこともできます。
専用シェイカーは青汁一杯分を作るのに丁度良い大きさのシェイカーで、目盛も付いているので便利です。
シェイクをして青汁粉末をしっかりと溶かすことができます。
他の飲み物で青汁を作る際ももちろん使えるのですが、炭酸で青汁を割る場合は専用シェイカーに20mlほどの少量の水と青汁粉末を入れて混ぜます。
炭酸水で直接混ぜると、シェイクしたときに炭酸が抜けてしまうので、最初は少量の水で混ぜるのです。
できあがった青汁をグラスに移し、炭酸水を加えると青汁粉末がよく溶け込んだ青汁ソーダの完成です。
青汁専用シェイカーをお持ちの方にオススメの作り方です。

大人のおいしさ、青汁の梅酒ソーダ割り

炭酸水で青汁を割る要領で、他の炭酸飲料でも青汁を割って楽しめます。
色々な炭酸飲料で青汁を割り楽しむことができますが、大人の味としてオススメの梅酒のソーダ割りを紹介します。
作り方は簡単で、青汁ソーダを作るレシピで、炭酸水の代わりに梅酒ソーダで割ればよいのです。
梅酒の酸味やコクが青汁の苦みを包み込み、飲みやすい仕上がりになります。
大人の味で青汁を楽しみたい方にオススメのレシピです。

液体タイプの青汁を青汁ソーダにする方法

粉末タイプの青汁で青汁ソーダを作る方法をお伝えしましたが、液体タイプの青汁でも青汁ソーダを作ることは可能です。
この章では液体タイプの青汁で青汁ソーダを作る方法をお伝えします。
こちらも簡単に作れますので、いつもの青汁を青汁ソーダに変えて、さっぱりとした飲み心地を楽しみましょう。

液体タイプの青汁での青汁ソーダの作り方

材料
・液体タイプの青汁ボトル1本(150ml~200ml)
・重曹小さじ1/2(2gほど)
・クエン酸小さじ1/2(2gほど)

作り方
・グラスに液体タイプの青汁を注ぐ。
・重曹とクエン酸を加え、かき混ぜる。

以上で液体タイプの青汁ソーダの完成です。
とっても簡単に青汁ソーダを作ることができます。
炭酸の強さは重曹とクエン酸の添加量を変えることで調節できます。
お好みの強さを見つけてみましょう。

炭酸水の効能

青汁ソーダには普通の青汁にはない、炭酸の効能も得ることができます。
その分より健康に良い飲み物といえます。
炭酸水には以下のような効能があります。

炭酸水は腸の活動を活発化する

炭酸水を飲むことで食道や胃が刺激を受け、その結果胃と繋がっている腸の活動が活発化します。
腸の活動が活発化することで栄養の吸収や便の排出作用が高まり、より健康な身体になります。
青汁に含まれる不溶性食物繊維も腸のぜん動運動を活発化させる働きがあるので、青汁ソーダを飲むことで腸を活発化する相乗効果が期待できます。

炭酸水は血行を促進する

炭酸水の炭酸とはCO2(二酸化炭素)のことですが、炭酸水を飲むとこの二酸化炭素を体内に大量に摂り込むこととなります。
摂り込まれた二酸化炭素は血液中の二酸化炭素の濃度を上げ、その結果血管が拡張されて血行が促進されます。
冷え性の人に効果的な作用ですが、一般の人も血行が促進することで全身に酸素と栄養がスムーズに運ばれることになり、より健康な身体が作られます。
青汁に含まれる植物性の栄養素も炭酸水で割り青汁ソーダとして飲むことでより栄養の吸収率が高まるのです。

青汁ソーダでおいしく健康管理を

青汁ソーダは青汁と炭酸水の効果を同時に得ることができます。
飲み心地もさっぱりとしていて飲みやすく、いつもの青汁が飲みにくいと感じている人にもオススメの飲み方です。
青汁ソーダでおいしく健康管理をしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品