青汁で安眠生活

青汁で安眠生活

安眠に気をつかう方は多いと思います。
青汁には安眠に必要な成分が含まれていますので、青汁を飲むことで安眠生活を実現できる成分を摂取することができます。
青汁の安眠効果について調べてみました。

青汁は身体の内側から安眠をサポートします

安眠が得られれば日々の生活を快適に過ごせますし、疲れもその日の睡眠で解消されて翌日もエネルギーに満ち溢れてスタート出来るでしょう。
そのため、多くの安眠グッズが販売されてよく売れているようです。
安眠枕や低反発のマットなど寝具にこだわったものや、アロマオイルの香りによるリラックス効果を取り入れたものなど様々です。
もちろんそれらの品も本人に合うようでしたら安眠をもたらす大きな効果があるでしょう。
しかし、人間が安眠を得るには質の良い睡眠を促す成分を摂取する必要があるのです。
青汁には安眠に効果のある成分が含まれています。
そのため、青汁を飲むことで安眠生活が実現出来るのです。

青汁の安眠に有効な成分・トリプトファンの働き

青汁の成分で安眠に効果的な成分はトリプトファンと呼ばれる成分です。
この成分自体には安眠に繋がる効果はありませんが、身体がこの成分を摂取し、脳に運ばれるとセロトニンと呼ばれる成分の材料として使われます。
このセロトニンが生成される際にビタミンB6やマグネシウム、ナイアシンといった成分もトリプトファンと共に材料として使われますが、これらの成分も青汁の代表的な原料であるケールや大麦若葉、明日葉を使用した青汁に含まれています。
これらの成分より生成されたセロトニンには興奮状態にある精神を鎮めてリラックスさせる効果や寝つきを良くする効果があるのです。
そのため青汁を飲むことで精神が静まりやすくなり、寝つきも良くなることから青汁には安眠生活を実現する力があるといえるのです。

セロトニンは睡眠ホルモン、メラトニンを生む

セロトニンは脳の松果体という組織でメラトニンという成分に変換されます。
メラトニンは身体のリズムを司る体内時計を正常化させる働きがあります。
体内時計が正常に働くことで私たちは夜間に眠気を感じることが出来、スムーズに入眠することが出来ます。
また、朝の起床時には気持ちよく目覚めることが出来るのです。
このように青汁に含まれているトリプトファンは体内で安眠に必要なセロトニンやメラトニンへ変換されることにより快適な安眠生活を身体の内側からサポートするのです。
このトリプトファンは体内で合成出来ないのですが、青汁を飲み続けることで体内に摂り入れることが出来ます。
青汁でしっかりと安眠に必要な成分を摂取し、場合により安眠グッズを利用すれば快適な安眠生活を実現出来るでしょう。

寝る直前には青汁を飲まないようにする

快適な安眠生活を青汁で実現する際の注意点は、寝る直前に青汁を飲まないことです。
寝る直前に飲んでしまうと胃や腸が消化吸収のため活発に動いてしまうので、かえって寝つきが悪くなってしまうからです。
個人差がありますが、大体夕食の時間までには青汁を飲むようにしましょう。
青汁は安眠生活をサポートする優れた飲みものです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品