青汁は飲むタイミングで効果が違う?

青汁は飲むタイミングで効果が違う?

青汁は健康増進や美容のためにと、それぞれ目的を持って飲む人が多いのですが、飲むタイミングによって効果が違うのでしょうか? 自分の目的に合わせて、最も効果的に青汁を飲むにはいつ飲むと良いのでしょうか?

青汁はいつ飲むといい?

青汁は食品です。したがっていつ飲めばいいというきまりはなく、自分の好きな時に飲んでかまわないのです。

とはいえ青汁の持つ効果を少しでもうまく利用するためには、より良いタイミングに飲みたいものです。そこでここでは目的に合った青汁の飲むタイミングについて説明します。

便秘の改善を望む場合

青汁を便秘の改善に役立てたい場合、朝一番に飲む、あるいは夜寝る前に飲むのがいいといわれています。

朝一番がいいといわれるのは起き抜けは空腹で青汁が吸収されやすいからです。寝起きに腸に刺激を与えると、腸のぜん動運動が活発になり排便を促しやすいといわれています。

一方、夜に飲むのがいいというのは、夕食の消化に合わせて青汁を摂取することで就寝中に腸を活性化させ、朝に便通を促すためといわれています。ただ寝る前に飲むと腸の動きが睡眠を邪魔することもあり、その場合は少し早めに飲むなどの対策が必要です。

個人差もあるので、便秘の改善を目的に青汁を飲む人は、朝と寝る前、どちらの方が自分に合っているか、 両方のタイミングを試して様子をみましょう。

ダイエットが目的の場合

ダイエットが目的で青汁を飲む場合、食前が最適のタイミングです。食前に飲むと適度な満腹感が得られるので食べ過ぎを防ぐことができます。また血糖値の急上昇が抑えられるため、インスリンが急激に分泌されることもなく、肥満防止に働きかけます。ダイエットが目的の方は、食事の約30分前を目安に青汁を飲んでみましょう。

健康増進、栄養補給の場合

健康増進や栄養補給が目的で青汁を飲む場合、起床後すぐに飲む方法と、食事と一緒に飲む方法が効果的です。

起床後すぐは空腹で栄養の吸収が良く、おすすめのタイミングといえます。

食事と一緒に飲むのをおすすめするのは、食事で不足する栄養を補えること、食事の内容によって青汁に含まれる成分と相乗効果があることが理由です。

一例をあげると、コラーゲンが豊富なうなぎや鶏手羽先などに青汁を合わせるのは効果的です。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ると生成と吸収が促進されます。青汁はビタミンCを含むため、これらの食品と一緒に摂取するとより効果的です。

また油を使った食品と青汁を一緒に摂取すると、青汁に含まれる脂溶性ビタミンのビタミンE、ビタミンA、βカロテンなどが効率よく吸収されます 。

美容効果を得たい場合

ビタミンCはシミ、ソバカスを防ぐ美容効果のあるビタミンとして知られています。

ビタミンCは小腸で吸収され、腎臓を経由して排出されます。就寝中でもビタミンCは吸収されますが、排出は低下します。従って就寝中は血中のビタミンCの濃度を高く保つことができます。このことから美容効果を得るために青汁を飲む場合、寝る前の摂取が効果的といえるでしょう。

自分に合ったタイミングで青汁を飲もう

最初に説明したとおり、基本的に青汁は自分の好きな時に飲んでかまいません。青汁を飲む目的は人さまざまです。ここでは目的により、青汁が少しでも効果的に働くと考えられるタイミングをご紹介しました。しかしタイミングに捕われすぎるとストレスが溜まり、かえって体によくありません。また青汁が効果的に作用するといわれているタイミングにも個人差があり、一概にこのタイミングでなければならないというわけでもありません。

大切なのは自分にとってベストのタイミングをみつけ、青汁を継続して摂取することだということを覚えておきましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品