青汁はシミ、そばかすにも効果的

青汁はシミ、そばかすにも効果的

女性の肌トラブルの悩みでいつも上位にくるのがシミやそばかすです。どんなに気をつけていても、いつの間にかできてしまうシミや増えるそばかす。少しでも予防、改善するためには体の内側からのケアが必須です。シミ、そばかす対策には青汁が役に立ちます。

シミとメラニン色素

シミは過剰に生成されたメラニン色素が皮膚に沈着したものです。シミの原因というと悪役のように聞こえるメラニン色素ですが、実は 紫外線から肌を守る大切な役割を果たしています。メラニン色素がなければ紫外線が真皮に届き、皮膚細胞にダメージを与え皮膚がんの原因にもなります。

シミができるメカニズム

肌を守るメラニン色素は、通常ターンオーバーによって排出されます。日焼けで黒くなった肌が、時間の経過によりだんだんと元の色に戻るのは、このターンオーバーでメラニンが排出されるからです。

しかし加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れなどの理由でターンオーバーがうまく機能しないことがあります。そうなるとメラニンが排出されずに肌に残りシミになります。

そばかすの原因

小さな茶色の斑点が顔に散らばるようにできるのがそばかすです。そばかすは遺伝的な要因でできることが多く、小さな子供にもできます。家族にそばかすがある人がいると、そばかすができやすい体質を受け継ぐ可能性が高いようです。

そばかすも紫外線にさらされると数が増えます。そばかすの色そのものも濃くなり目立ちやすくなります。

シミ、そばかすの原因を作る活性酸素

シミ、そばかすは活性酸素により増えます。活性酸素は酸化力が強く、病原菌や細菌を抑制し、病気から体を守る大切な役目を果たしています。しかし増え過ぎると有害で、皮膚や内臓、血管などのあらゆる部分を酸化させ老化させます。

活性酸素は紫外線を浴びると増え、メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞を刺激します。その結果、メラニン色素がどんどん作り出され、シミやそばかすを増やす原因となります。

シミ、そばかすの予防と青汁

シミ、そばかすを予防するには活性酸素を増やさないことと、ターンオーバーを活性化することが必要です。そのためには抗酸化作用のある成分を含む青汁がおすすめです。

青汁に含まれる抗酸化作用のある成分

青汁の原料にはケール、明日葉、大麦若葉、桑の葉、クマザサなどの緑黄色野菜が使用されています。これらの野菜は ビタミンC、ビタミンE、 βカロテン、ポリフェノールなどの抗酸化作用のある成分を含みます。

抗酸化作用のある成分は増え過ぎた活性酸素を除去する働きがあり、メラニンの過剰な生成を抑制し、シミやそばかすの予防に作用します。また美容効果が高いことで知られているビタミンCはできてしまったメラニン色素を薄くし、ビタミンEは紫外線によるダメージから肌を回復させる働きもあります。

ターンオーバーを活性化させる青汁

できてしまったシミやそばかすを排出するためには、ターンオーバーを活性化する必要があります。青汁はターンオーバーを促進するといわれるビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などを含んでいます。青汁を毎日摂取することにより、ターンオーバーに必要な成分を効率的に補給することができます。

美肌を保つためには食物繊維も必要

青汁は食物繊維を豊富に含み、便秘の予防と改善に働きます。便秘になると毒素や有害物が体に溜まり代謝が低下し、老廃物がうまく排出されずにターンオーバーの機能を乱します。このためシミやそばかすの予防や改善にも影響を与えます。青汁を毎日摂取することは便秘を予防し、ターンオーバーが正常に機能するのを助けます。

青汁を継続して摂取し、シミやそばかすを予防しよう

青汁の継続摂取は体の中からシミ、そばかすを予防、改善する手助けをします。しかし青汁だけに頼るのではなく、通常の食事からビタミン、ミネラルを多く含む食品をバランスよく食べる工夫が必要です。

また活性酸素を過剰に増やさないよう、外出時には日焼止めクリームや帽子などで紫外線からお肌を守る対策をしっかりと行うことを忘れないようにしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品