子供も食べたくなる青汁ホットケーキレシピ

子供も食べたくなる青汁ホットケーキレシピ

野菜嫌いの子供に青汁入りのホットケーキを焼いてみませんか。青汁入りとは気がつかない味に仕上がるので子供は喜んで食べてくれますよ。高カロリーで糖質も多いホットケーキですが、青汁を使うとヘルシーに仕上がります。

便利なホットケーキミックスと青汁

ホットケーキミックスと青汁粉末を混ぜて焼くだけの基本の青汁ホットケーキはとても簡単です。見た目も味も、抹茶入りのホットケーキに似ています。この青汁ホットケーキにメープルシロップをかけると、子供も青汁入りとは気がつかないでしょう。基本の青汁ホットケーキだけでも十分美味しいですが、少しアレンジすると、味も栄養も高めることができます。そんな青汁ホットケーキのアレンジレシピをいくつかご紹介しましょう。

ブルーベリー青汁ホットケーキ

材料

青汁粉末1包、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳150ml、ブルーベリー50~70g、バター適量、メープルシロップ適量

作り方

ボウルに卵と牛乳を入れよく混ぜます。
別のボウルにホットケーキミックスと青汁粉末を合わせて混ぜ、牛乳のボウルに入れ、練らないように混ぜます。ブルーベリーを生地に入れ軽く混ぜ、フライパンで焼きます。

焼き上がるとバターとメープルシロップをかけて食べます。
ブルーベリーは抗酸化作用があり、眼精疲労や目の病気に効きます。青汁と相乗効果で抗酸化力が強まります。ブルーベリーはできれば冷凍ではなく生のものを使用した方が食感が良いです。もし手に入らなければ冷凍物でも代用できます。ブルーベリーの量はお好みで加減してください。ホイップクリームを添えると、デザート風のブルーベリー青汁ホットケーキが楽しめます。

青汁小倉ホットケーキ

材料

青汁粉末1包、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳100ml、茹で小豆(缶詰)、ホイップクリーム、黒蜜

作り方

ホットケーキミックスに青汁粉末を混ぜ、ホットケーキミックスの作り方に従って焼きます。焼き上がったホットケーキに茹で小豆を少量乗せ、ホイップクリームをトッピングします。黒蜜を回しかけて食べます。

甘さを抑えたい場合は、缶詰の茹で小豆のかわりに柔らかく煮た小豆をホットケーキの生地に混ぜて焼きます。

小豆はビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、カリウム、カルシウム、鉄分などを含み青汁と相乗効果があり、むくみや便秘、貧血の解消に効果があります。またポリフェノールを含み、過酸化脂質の抑制、老化防止にも青汁と共に作用します。

青汁ヨーグルトホットケーキ

材料

青汁粉末1包、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳100ml、無糖ギリシャヨーグルト(水抜きヨーグルト)70g、バニラエッセンス、メープルシロップ、イチゴやブルーベリーなどお好みの果物

作り方

ボウルに卵、牛乳,バニラエッセンスを入れよく混ぜます。別のボウルにホットケーキミックスと青汁粉末を入れ混ぜます。卵の生地を粉のボウルに入れ、捏ねないようにさっくりと混ぜます。ヨーグルトを入れ混ぜフライパンで焼きます。 お好みの果物をトッピングし、メープルシロップをかけて食べます。

生地にヨーグルトを入れることで、青汁には含まれない動物性たんぱく質を補うことができます。 ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトよりもたんぱく質が多く含まれています。尚、このレシピで使用する場合は、必ず無糖のギリシャヨーグルトを使いましょう。

野菜嫌いの子供も食べる青汁ホットケーキ

野菜を食べない子供に、青汁入りのホットケーキは特におすすめです。甘さはメープルシロップの量で加減してください。ハチミツを使っても美味しいです。沢山作って冷凍保存もできます。食べる時は電子レンジで解凍すれば焼きたての美味しさが味わえます。青汁の味がほとんどしないのに青汁の栄養分を摂取することができる青汁ホットケーキ。次回のおやつに焼いてみませんか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品