青汁を飲み始めるタイミング

青汁を飲み始めるタイミング

青汁は健康のため、どのような人にも飲んでもらいたい飲み物です。
しかし、これから青汁を飲み始めようとしている人には、どのタイミングで青汁を飲めば最適かが分からないと思います。
もちろん青汁を飲み始めるタイミングに特に決まりはなく、自由に飲み始めることができるのですが、せっかくでしたら一番効果的なタイミングで青汁を飲み始めたいものです。
今回は青汁を飲み始めるタイミングについてお伝えします。
最適なタイミングを知り、青汁の効果が一番発揮されるようにしましょう。

初めは食事中に飲み始めましょう

初めて青汁を飲み始める人は、青汁を普段の食事と一緒に飲むようにしましょう。
青汁もお口から身体に摂り入れるものですので、普段の食事と同じ時間で飲むことで無理なく摂取できます。
普段の食事はすでに長年の習慣になっているので胃腸の消化リズムにも負担をかけませんし、飲み忘れることもありません。
青汁の飲み始めを普段の食事以外の時間にしてしまうと、新しい習慣のために飲み忘れてしまう場合があります。
また、胃腸が新しい時間に活動をすることになるので人によっては腹痛を覚える場合があるので、青汁を飲み始めるタイミングは普段の食事と一緒のタイミングがおすすめです。
普段の食事と一緒に青汁を飲む習慣ができ、問題ないようでしたら他の時間やタイミングで飲んでみても良いでしょう。
徐々に身体を慣らすことが大切です。

慣れてきたらより目的に合うタイミングで飲むようにしましょう

青汁を普段の食事と一緒に飲み始めて慣れてきたら、その後はより自分の目的に合ったタイミングで青汁を飲みましょう。
青汁は飲むタイミングで得られる効果が変わります。
より自分が望む効果が得られるタイミングで青汁を飲みましょう。

目的別の青汁を飲むタイミング1・朝の起床後

朝の起床後は身体が睡眠中に失われた水分を欲しがっている状態です。
その状態で青汁を飲むと速やかに水分と共に青汁の栄養素が吸収されます。
そのため、朝の起床時のタイミングで青汁を飲むことは、栄養補給が目的で青汁を飲みたい人に向いています。
もちろん他のタイミングで青汁を飲んでも栄養は吸収されますが、朝の起床時は一番効果的に青汁の栄養を補給できるタイミングです。
朝食を食べると胃腸がもたれる感じがする人にも朝の起床時の青汁はおすすめです。
胃腸に負担をかけずに栄養を補給することができます。

目的別の青汁を飲むタイミング2・食事前

ダイエットが目的で青汁を飲む人は食事前に青汁を飲むことをおすすめします。
食事前に青汁を飲むと、青汁に含まれている食物繊維が胃腸の中で膨張して満腹感を生むので食べ過ぎを抑えることができます。
また、食物繊維には脂肪の吸収を抑える作用や血糖値の急な上昇を抑える作用もあるので、ダイエットの効果を高めることができるでしょう。

目的別の青汁を飲むタイミング3・食事中

青汁を飲み始めるタイミングは普段の食事と一緒のタイミングが良いとお伝えしましたが、青汁に慣れてきてからも食事中の青汁の摂取はおすすめです。
現代人の食事は肉食偏向になりがちなので、青汁の植物性の栄養素が食事のバランスを整えてくれます。
そのため食生活のバランスを整え身体が必要とする栄養素を十分に吸収するために、食事中の青汁の摂取は多くの人におすすめの飲み方です。

目的別の青汁を飲むタイミング4・運動後

スポーツなどで運動をした後にも青汁の摂取はおすすめです。
運動後は身体を動かし、水分やエネルギーを消費しています。
つまり身体が水分や栄養素を欲している状態になっています。
運動後には空腹になり食欲が増すことからもそのことがお分かりになると思います。
そのタイミングで青汁を飲むと身体に必要な水分や各種栄養素が速やかに吸収されます。

目的別の青汁を飲むタイミング5・夜間

ツラい便秘の人には夜間に青汁を飲むことをおすすめします。
夜間、夕食後に青汁を飲むことで腸の消化吸収、ぜん動運動の活発化を促し、翌朝のお通じを快適なものにしてくれます。
ただし、就寝直前に青汁を飲むと睡眠中に胃腸の活動が活発化してしまい、眠りが浅くなってしまうことがあります。
就寝の2時間前には青汁を飲み終えるようにしましょう。

目的別の青汁を飲むタイミング6・病気のとき

病気で食欲がない、体調が悪いときには固形物を食べることが難しい場合があります。
しかし、食事をしないと必要な栄養が補給できないため病気からの回復が遅れてしまうことがあります。
そんなときに青汁を飲むことで必要な栄養素を補給することができます。
牛乳に溶かして青汁を飲めば動物性の栄養素も補給することができます。
だんだんと食欲がでてきたら、青汁と一緒に固形物も摂るようにすれば体調の回復も早まるでしょう。
ただし、脳梗塞などの治療や予防でワルファリン(ワーファリン)という血液が固まりにくくする薬を服用している人は、青汁に含まれるビタミンKがワルファリンの効果を阻害するので青汁を飲むことは控えましょう。

上手に青汁を取り入れて健康な生活を実現しましょう。

青汁を飲み始めるタイミングは普段の食事と一緒のタイミングがおすすめです。
そして青汁に慣れてきたら目的に合わせて飲むタイミングを変えてみましょう。
上手に青汁を取り入れ、健康な生活を実現しましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品