程よい甘さが美味しい青汁クッキー

程よい甘さが美味しい青汁クッキー

せっかく青汁を購入したのにほとんど飲まないで残っているという人は案外多くいるようです。そんな青汁、クッキーに利用してみませんか? 青汁が入っているとは思えない美味しいクッキーが焼けますよ。

青汁をクッキーに利用しよう

家庭で作る青汁入りのクッキーは、青汁が入っているとは思えないような美味しいクッキーに焼きあがります。 わずかに緑がかったクッキーから、抹茶のようにしっかりとした緑色のクッキーまで、青汁の量によりさまざまなバリエーションが楽しめます。

子供のおやつから大人のティータイムまで、誰にでも美味しく食べられる青汁クッキーのレシピをご紹介します。

シンプル青汁クッキー

材料

青汁粉末1包、小麦粉100g、無塩バター50g、砂糖40g、塩少々、牛乳大さじ2、バニラエッセンス少々

作り方

・青汁粉末と小麦粉、塩を混ぜてふるっておきます。
・バターを常温で柔らかくし、砂糖と合わせハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜます。
・粉類とバターを合わせ、牛乳とバニラエッセンスを加えます。
・手で手早くひとつにまとめます。
・ラップに包み、冷蔵庫で30分程度冷やします。
・冷蔵庫から取り出し、生地を厚さ5ミリ程度に伸ばします。
・生地をクッキー型で抜き、天板に並べます。
・170℃に温めたオーブンで15~18分焼きます。
・オーブンから取り出し完全に冷まします。

このクッキーは甘さがかなり控えめなので、お好みで砂糖を10g程度増やしてみてください。この分量でひと口サイズのクッキーが25個程焼けます。

柔らか青汁チョコチップクッキー

材料

青汁粉末1包、小麦粉250g、無塩バター170g、砂糖170g、塩小さじ半分、重曹小さじ半分、バニラエッセンス少々、卵1個、卵黄1個、ホワイトチョコレートチップ50~80g

作り方

・ボウルに青汁粉末、小麦粉、塩、重曹を入れ混ぜ、ふるっておきます。
・大きめの別のボウルにバターと砂糖を入れハンドミキサーで混ぜ、バニラエッ センス、卵、卵黄を入れ、 軽くふわふわのクリーム状になるまで混ぜます。
・粉類をバターのボウルに入れ、捏ねないように全体に混ぜます。
・チョコレートチップを入れ軽く混ぜます。
・大さじで生地をすくい天板に落とします。スプーンで押さず、丸いボール状で大丈夫です。5センチ以上の間隔を空け生地を落としてください。焼けると横に広がります。
・170℃に温めたオーブンで8分焼きます。
・オーブンから出しそのまま3分置き、壊さないように注意してラックに並べ冷まします。

このレシピの分量で直径7センチ位のクッキーが約24枚焼けます。お好みの甘さに砂糖の量を調節してください。

青汁バナナクッキー

材料

青汁粉末1包、よく熟れたバナナ大1.5本、無塩バター100g、卵1個、小麦粉125g、砂糖80g、バニラエッセンス小さじ半分、 重曹小さじ半分、塩少々

作り方

・バナナを潰して滑らかにしておきます。
・別のボウルにバター、砂糖を入れ、ふわふわになるまでハンドミキサーで混ぜ、バナナ、卵、バニラエッセンスを加えます。
・合わせてふるっておいた小麦粉、塩、重曹、青汁粉末をバターのボウルに入れさっくり混ぜます。
・天板に5センチの間隔をあけ、生地をスプーンで落とします。
・175℃に温めたオーブンで12分焼きます。

このクッキーは通常砂糖を100g程入れますが、このレシピでは甘さ控え目にしてあります。お好みで加減してください。皮がかなり黒くなった完熟バナナを使う程美味しく焼けます。

青汁入りクッキーを上手に焼くためのコツ

青汁粉末はお好みで入れる量を調節しましょう。クッキーの生地に混ぜて焼く場合、焼きあがると青汁の味はほとんどわからなくなります。最初は少量を使用し、慣れると量を増やすとよいでしょう。

青汁粉末を事前に小麦粉などの粉類と合わせ、ムラのないようにしっかりと混ぜることがコツです。この時点で生地にムラがあると、バターの生地と合わせた時にうまく混ざり合いません。

初めて青汁入りのクッキーを焼いて食べる場合、砂糖の量を極端に減らし過ぎないほうがうまく焼けるうえに美味しく食べることができます。慣れると砂糖の量を減らし、ダイエット中の間食などに役立ててください。

青汁が飲める人や青汁が好きな人は青汁の量を増やし、奇麗な緑色のクッキーを楽しみましょう。抹茶の代用として青汁を使用すると、クッキーだけではなく色々なお菓子作りに役立てることができ便利です。味も抹茶入りのものとそれ程大きな差はありません。

是非、家庭で青汁入りのクッキー作りに挑戦してみてください。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品