青汁を飲み過ぎて吐き気がした

青汁を飲み過ぎて吐き気がした

青汁は健康に良い飲み物として親しまれていますが、中には青汁を飲んで吐き気がしたという話もあります。
よくその話を聞いてみると、多くの場合は青汁を飲み過ぎたことが吐き気の原因なのです。
青汁に限らず、多くの飲み物は飲み過ぎることで吐き気をもよおしたり、腹痛を覚える場合があります。
青汁も飲み過ぎは身体に良くありません。
今回は青汁を飲み過ぎることで起こる吐き気の原因についてお伝えします。
青汁を正しく飲むための知識を身に付けましょう。

健康に良い青汁でも飲み過ぎには注意

青汁が健康に良いという話を聞き、その効果を早く得ようと青汁を飲み過ぎてしまう人がいます。
しかし、青汁は大量に飲んでもその効果が変わるわけではありません。
むしろ身体が過剰に摂取した成分の消化ができずに体調を崩してしまう場合があります。
青汁を飲む際は、自分の体に合った摂取量を守って飲むことが大切です。
基本的にはメーカーが推奨する飲み方を守ることで安全に、安心して青汁を飲むことができます。
そうすることが青汁の効果を実感する一番の近道でもあります。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因について

適切な摂取量を超えて青汁を飲んでしまうと、冒頭でお話ししたように吐き気をもよおす場合があります。
その吐き気の原因にはいくつかの原因が考えられます。
青汁を飲み過ぎることで起こる吐き気の原因についてひとつひとつお伝えしてゆきます。
思い当たる原因がある人は、青汁を飲み過ぎている可能性がありますので、メーカーが推奨する飲み方を守っている場合でも1日の摂取量を減らして様子を見るようにしましょう。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因1・身体の拒否反応

青汁を飲み過ぎると身体に良い青汁の成分でも身体が不必要と判断する場合があります。
そうすると早く身体から不要な成分を排出させようと、拒否反応として吐き気を起こさせるのです。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因2・心因性による吐き気

元々青汁の味が苦手な人が青汁を健康に良いからと無理をして飲み過ぎると、心理的負担が増し、嫌いなものを吐き出したいという衝動にかられることがあります。
これが心因性の吐き気です。
この場合青汁を普通に飲める人には問題ない摂取量でも吐き気が起きることもあります。
このような場合は吐き気が起こらない程度の少量から青汁を飲み始めるか、他の料理に青汁を混ぜるなどして青汁を飲むようにします。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因3・カフェインの過剰摂取

ケールや大麦若葉、明日葉といった代表的な青汁の原料にはカフェインは含まれません。
しかし、青汁にはカフェインが含まれる抹茶が配合されたものがあり、その青汁にはカフェインが含まれます。
その抹茶入りの青汁のみが主なカフェイン摂取源である場合は青汁を飲み過ぎても吐き気が起こるほどにカフェインの影響はありませんが、抹茶入りの青汁の他にカフェインを多く含むコーヒーやエナジードリンクを日頃から飲んでいる人は注意が必要です。
それぞれの飲み物に含まれるカフェインの総量が多いことでカフェインの過剰摂取になり吐き気を起こす場合があるからです。
このようなケースでは、それぞれのカフェイン入りの飲み物の摂取量を減らし、摂取するカフェインの総量を減らすことで改善されます。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因4・ビタミン・ミネラルの過剰摂取

ビタミンやミネラルは免疫力を高めたり、身体の各組織の健康や正常な機能を維持するためになくてはならない成分です。
青汁にはビタミンB群やビタミンC,カルシウムやカリウム、マグネシウムなどの各種ビタミン、ミネラル含まれていますが、青汁の飲み過ぎによってそれらのビタミンやミネラルを過剰摂取してしまうと吐き気を起こす場合があります。
ビタミンやミネラルには身体に蓄積される性質のものもあり、それらの成分が、本来は身体に対して良い作用をするものが、適量以上に蓄積されることで悪い影響を与えてしまいます。
特に青汁以外でサプリメントからビタミンやミネラルを補給している人は注意が必要です。
青汁とサプリメントに重複して含まれている成分が過剰摂取になる恐れが高まるからです。
青汁やサプリメントの1日の摂取量を見直して、身体への負担を減らすようにしましょう。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因5・添加物への拒否反応

青汁の中には保存料や甘味料などの添加物が含まれているものもあります。
それらの添加物は国の基準値を超えない量で添加されていますが、過剰摂取により身体に悪影響がでる量を摂取してしまう場合があります。
そうすると身体がその添加物を排出しようと吐き気を起こすのです。
それを防ぐにはメーカーが推奨する飲み方を守るか、無添加の青汁を飲むようにします。

青汁の飲み過ぎで起こる吐き気の原因6・アレルギー反応

アレルギー反応でも吐き気が起こることがあります。
稀ではありますが青汁でアレルギー反応がでる人がいます。
その場合は青汁を飲み過ぎなくても吐き気を起こすこともあります。
少量の青汁を飲んでも吐き気がする場合は、医師に相談しその指示に従うようにしましょう。

吐き気を我慢して飲むと、腹痛や下痢を引き起こすこともあります

青汁の飲み過ぎで吐き気がした場合は、前章でお伝えしたような原因で吐き気が起こっている可能性があります。
その場合アレルギー反応以外は速やかに青汁を飲む量を減らすことで改善されますが、吐き気を我慢して飲み続けると、腹痛や下痢を引き起こすこともあります。
吐き気を感じた時点で青汁を飲む量を減らすことが、症状を改善するポイントです。

青汁は一度に大量には飲まないようにする

安心して青汁を飲むには、一度に大量に青汁を飲まないようにすることです。
そうすることで青汁の飲み過ぎで起きる吐き気を防ぐことができます。
基本はメーカーが推奨する1日の摂取量を守ることで飲み過ぎを防げますが、子供やお年寄りなど食事の摂取量が少ない人は、メーカーが推奨する1日の摂取量より少なく飲むことで吐き気が収まることもあります。

青汁は適量を飲み続けることで効果を発揮します

青汁は飲み過ぎに注意し、適量を飲み続けることで効果を発揮します。
継続的な摂取を心掛け、青汁を飲むようにしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品