青汁の代名詞である「ケール」

画像の説明

青汁は様々な原料を使用しています。
よく使われている原料は、ケール、大麦若葉、明日葉です。
この中でも、人気の原料があります。
それがケール。
青汁の代名詞でもあるケールは、このような効果があるのでしょうか。

ケールはキャベツの一種です。
ケールは栄養価がとても高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維、葉酸、葉緑素、カルシウムが豊富に含まれています。
ケールだけでも、これだけの栄養を含んでいるのでケール単体の青汁を飲むだけでも健康効果を実感することができるんです。

ちなみにケールには、ダイエット効果、アンチエイジング効果、ガン予防、便秘解消効果などがあります。

ケールの中には抗酸化作用の強い成分など、我々の健康に欠かせない重要な成分もたくさん含まれています。
例えば、ベータカロテン、ビタミンE、ビタミンC、メラトニン、ルテインです。

メラトニンという成分は、神経ホルモンの一種です。
睡眠の質を改善してくれる働きがあります。
ルテインは、抗酸化作用が強く白内障の予防にも効果を発揮してくれる成分です。
これだけ多くの栄養成分が含まれているので、ケールは野菜の王様と呼ばれているんですよ。

ケールは栄養が豊富なのですが、唯一欠点を挙げるとすれば、味です。
ケールは青臭さと苦味が、他の青汁の原料と比べても高い! 昔、青汁=マズイ、苦いと言われていたのは、ケールが原因だったのです。

しかし、最近では青汁が飲みやすくなっていますし、ケールの味も品種改良等によって飲みやすくなっています。
ケールの青汁を飲みたい方は、粉タイプではなく粒タイプになっているものもオススメです。
粒タイプなら味を感じることなく、水で飲めますからね。

ケールの青汁は、先に述べたように単体だけでも健康効果がありますし、他の原料(明日葉、大麦若葉)とブレンドされたものを飲んでも健康効果があります。
つまり、難しいことは一切なし!ケールが使用されている青汁ならOKということです。

健康効果の高いケール入り青汁を飲んで、健康になりましょう!