青汁で口内炎解消

口内炎の痛みがひどく、食事も会話も楽しめず気分が滅入る。そんな経験はありませんか? 口内炎ができる原因は色々あり、一度できると繰り返しやすいといわれています。口内炎の予防に青汁が役に立つのをご存知でしょうか?

口内炎の種類

口内炎はいくつかの種類があります。ウイルスなどの感染によるものと、ストレスや過労、免疫が複雑に関係し、原因がはっきりと特定できないものがあります。

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は最も多い口内炎です。丸く小さな白い潰瘍が口内にできます。一度できると繰り返してできることが多いといわれています。

カタル性口内炎

口内に赤みを帯びた浮腫のような境界のはっきりしない炎症がカタル性口内炎です。誤って口内を強く噛んだり、熱いものを食べたり飲んだりした時の火傷や、入れ歯の不具合などが原因の口内炎です。

ウィルス性口内炎

ウイルス感染が原因の口内炎で紅斑、ただれが起き水泡ができます。強い痛みを伴います。

口腔カンジタ性口内炎

疲労などで体の抵抗力が低下した時に、口内にカンジタ菌が増殖することによりできるのが口腔カンジタ性口内炎です。白っぽい苔状の斑点や線が、舌を含め粘膜全体に広がります。

口内炎の予防と青汁

できてしまった口内炎はストロイド系の外用薬などで治療するしかありません。口内炎はできないように予防することがとても大切です。その予防対策として青汁が役立ちます。

口内炎の予防にはビタミンB2が必要

口内炎を予防するためには栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。
特にビタミンB2が不足すると粘膜に炎症が起きやすく、口内炎ができやすいといわれています。口内炎予防には意識してビタミンB2を摂取すると効果的です。

ビタミンB2は単独で摂取するよりビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸を含めたビタミンB群として摂取すると、それぞれお互いに助け合って働くので一層効果的です。

たとえばケールや明日葉を原料にした青汁はビタミンB12以外のすべてのビタミンB群をバランスよく含むため、口内炎の予防に効果が期待できます。

免疫力を高める青汁の栄養素

口内炎は体の免疫力が低下するとできやすいといわれます。青汁は皮膚粘膜の健康を保つのと同時に免疫力の向上をサポートするビタミンC、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEを含んでいます。

青汁を毎日飲んで水溶性ビタミンを補給

ビタミンB群やビタミンCは水溶性のビタミンで、余分に摂取すると体外に排出されます。青汁を毎日飲み、水溶性ビタミン類を常に補給するように心がけると口内炎の予防に役立ちます。

口内炎予防に生活習慣を見直し疲労をためないようにしよう

疲労は口内炎の敵です。どんなに栄養を補給しても、睡眠不足や不規則な生活が続くと疲労を回復するのは難しいものです。疲労がたまると体の抵抗力が落ち、ウイルスや細菌に感染しやすくウイルス性の口内炎ができる可能性が高まります。

またせっかく青汁を飲んでビタミン類を補給しても、タバコやアルコールを飲むとビタミンが大量に消費されてしまうので気をつけましょう。

口内炎は別の病気が原因でできることもあるため、なかなか治らない場合や、ほかにも気になる症状がでた場合は医療機関の受診をおすすめします 。

青汁を毎日飲み睡眠をしっかり取り、疲れをなるべくためないように生活習慣を見直すと口内炎ができにくい健康な体を手に入れることが可能です。口内炎ができやすい方、まずは青汁を飲むことから始めてみませんか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品