青汁とビタミンBの関係

画像の説明

健康な体を維持していくためには、ビタミンBが欠かせません。
ビタミンBは、よくビタミンB群とも呼ばれます。
ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2や葉酸、ナイアシン、パントテン酸などがあります。
妊婦さんに必要な栄養成分である、葉酸もビタミンB群なんですね。

ビタミンB群はそれぞれの成分によって働きが異なるのですが、炭水化物、タンパク質、脂肪などの代謝に作用します。
ビタミンB群のほとんどがエネルギーの供給、老廃物の代謝に働く元気の素のような存在です。

ビタミンB群を摂ろうと思っても、どのように摂取したらよいかわかりませんよね。
そこでオススメなのが青汁です。
青汁にはビタミンB群が豊富に含まれているんですよ。
ちなみにビタミンB群は水溶性のビタミン。
水溶性のビタミンは水に溶ける性質があるので、青汁から摂取しやすいんです。

青汁は使用される原料によって、摂取できる栄養が異なります。
明日葉、ケール、大麦若葉、クマザサなど、青汁によく使われる野菜や植物から摂取できるビタミンBをご紹介しましょう。

まずは葉酸です。
葉酸は先ほども述べたように、妊婦さんに必要な栄養素としても知られていますよね。
葉酸が不足すると消化器の粘膜に異常が見られたり、下痢や食欲不振の影響が現れます。

ビタミンB6は、脂肪の代謝を促してくれる作用があります。
ビタミンB6は、タンパク質を体内で再合成してアミノ酸にする際に必要な栄養素です。
髪の毛、爪、歯を健康に保つためにもビタミンB6が必要になります。

ビタミンB1は疲れやすい方に必要な成分です。
ブドウ糖がエネルギーに変わるために必要なのが、ビタミンB1。
集中力をアップさせたい方にはマストな成分なんですよ。

ビタミンB2は成長に関わる重要な成分。
美容・ダイエットに興味のある方、また妊娠中の女性には知っておいていただきたい成分でもあります。
目、舌なども粘膜部分の働きを支える作用もあるんですよ。

今ご紹介したビタミンB群以外にも、いろんな栄養素が入っている青汁。
ビタミンB群は単体で摂取するよりも、その他の栄養素を一緒に吸収する方が良い場合が多いので、青汁を飲むだけでOK!
健康になりたい方、キレイになりたい方、妊娠中の方はビタミンBがたくさん入っている青汁をぜひお試しくださいね。