野菜不足のときは青汁で補おう

現代人の食生活は野菜不足になりがちです。
野菜が不足することで健康を損ねたり老化が進んでしまうなどの悪い影響が出てきてしまいます。
しかし、中々足りない野菜を補うことは普段の食事では難しいと思います。
そこで手軽に飲むことができて野菜不足を補うことができる青汁の出番です。
青汁を飲むことで野菜不足の解消をすることができるのです。
青汁を飲むことで、野菜不足を解消して健康な身体を作りましょう。

現代人は野菜不足

現代の食生活は肉食偏向になりがちです。
特に外食が重なるときや一人暮らしで調理をあまりしない人の場合、野菜を食べる機会が減ってしまいます。
厚生労働省が推奨する成人の一日の野菜の摂取量は350g。
しかし世代にもよりますが、現代日本人の一日の野菜の摂取量は250g前後で、平均して100gほど摂取する野菜が足りていないことになります。

青汁には植物性の栄養素が凝縮されている!

不足分の野菜を補おうとするには、平均して100gもの野菜を追加して毎日の食卓で食べなくてはなりません。
それは現実的には中々難しいでしょう。
青汁はメーカーにより違いがありますが、スティックに入った粉末タイプの青汁3g~5gほどで、野菜に置き換えるとおよそ40g~100g分もの栄養素が凝縮されています。
粉末タイプの青汁を一日に一回か二回飲むことで不足分の野菜の栄養素を補うことができるのです。
青汁でしたら手軽に飲むことができるので野菜不足の解消に最適です。

工夫をして青汁をおいしく飲む

手軽に飲めるのはいいけれど、味やにおいがちょっと…という方には、青汁を他の料理や飲み物に混ぜて摂取する方法もあります。
ミルクや豆乳に混ぜても良いですし、味噌汁に混ぜて飲む人もいます。
お好みの料理や飲み物に青汁を混ぜて、いつもの食事量と変わらないボリュームの食事で野菜不足の解消をすることができます。

野菜も摂りながら青汁を飲もう

ただし、一日に必要な全ての野菜の栄養を青汁だけで摂取することはできません。
生の野菜に多く含まれる消化活動に深い関わりのある酵素や、青汁の原料には含まれない成分もあるからです。
酵素は青汁に限らず食品の製造過程で失われやすい成分です。
中には酵素が含まれている青汁もありますので、酵素も青汁から摂りたい方はそのような酵素入りの青汁を選ぶようにしましょう。
いつもの食事もしっかりと摂り、その上で青汁を飲むことで高い健康効果が期待できるのです。

青汁は野菜不足になりがちな現代人の強い味方です。
青汁で野菜不足を補い、健康な身体作りをするようにしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品