ラーメンに青汁を入れて食べよう

ラーメンは日本食の中でもかなりポピュラーな料理のひとつといえるでしょう。
そのラーメンに青汁を入れると栄養満点の健康効果のあるラーメンに生まれ変わります。
今回はラーメンに青汁を入れる食べ方についてお伝えします。

ラーメンの欠点を青汁がカバーする

ラーメンは地域により味も具材も様々なものがあり、代表的なスープも醤油、塩、味噌、豚骨など色々なスープがあります。
大人から子供まで幅広く親しまれている料理で、最近ではミシュランのガイドに載る店や海外でも店舗があるラーメン店があるほどの人気ぶりです。
このおいしく人気のあるラーメンには栄養面で弱みがあります。
それは野菜が少なく塩分、脂質が多いというところです。
中には健康に気をつかい、野菜を多めに使用したラーメンや、あっさりヘルシーなラーメンもありますが、多くのラーメンは野菜が少なく、塩分、脂質が多いものになります。
そのため頻繁に食べると栄養の偏りや野菜不足、塩分、脂質の摂り過ぎを招くことになります。
この問題を解消するために青汁を活用することをおすすめします。

ラーメンに青汁粉末を混ぜるだけ!

ラーメンを食べる際に青汁粉末をスープに混ぜて食べるのです。
そうするだけでラーメンを食べる時に気になる野菜不足や塩分、脂質の摂り過ぎを改善することが出来ます。
青汁は大麦若葉やケール、明日葉などの植物性の原料から出来ていますので、ラーメンを食べる際の野菜不足を補うことが出来ます。
また、ラーメンのスープは濃いめの味のものが多いので青汁を混ぜることで大きく味が変わってしまうこともありません。

青汁のカリウムが塩分の摂り過ぎを改善

さらに青汁に含まれるカリウムが塩分の摂り過ぎを改善してくれます。
カリウムには体内でナトリウム(塩分)とのバランスを保つ作用があるので、摂り過ぎた塩分の排出をカリウムが促してくれるのです。
もしカリウムを摂らずに塩分を多く摂取してしまうと、体は余剰な塩分を排出出来ずに水分を溜め込んでしまうため、むくみや高血圧の原因になってしまいます。
また、脂質の摂り過ぎの改善にも青汁は効果を発揮します。

食物繊維が脂質の摂り過ぎを防ぎ、整腸効果も期待できる

青汁に含まれる水溶性食物繊維は脂質を材料に生成される胆汁酸の排出を促します。
そのため体は新たな脂質を材料に胆汁酸を生成するので、脂質の摂り過ぎが改善されるのです。
そして水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす作用もあります。
そのため整腸効果も期待出来、腸内環境を健やかに保つことにも繋がるのです。

青汁入りラーメンで健康とおいしさを同時に得よう

お店のラーメンに青汁を混ぜることは抵抗があるかも知れません。
そのような場合はご家庭でラーメンを作る時に青汁を混ぜて食べてみましょう。
青汁をラーメンに入れることで、いつものラーメンが優れた健康食品になるのです。
また、麺に青汁を練り込んだタイプの商品も販売されています。
ご家庭でラーメンを作る際に一度お試しになられてはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品