青汁を飲んだときの効果

青汁は健康に良い!と広く知られています。
実際に多くの人が青汁を健康のために飲んでいます。
最近では様々な種類の青汁が販売されており、より身近な健康食品として定着しています。
それでは青汁を飲んだ際に得られる具体的な効果とはどのようなものがあるのでしょうか?
青汁を飲むことで得られる効果は大きく分けて二種類あり、美容面での効果と健康面での効果の両方が期待出来ます。
実はこの美容と健康は密接に結びついた関係にあり、青汁の各種成分が美容面でも健康面でも効果を発揮するのです。
それでは青汁のどのような成分が美容と健康に効果があるのかを見てゆきましょう。

美容と健康に効果がある成分

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

青汁に含まれている不溶性食物繊維と水溶性食物繊維はお互いが協力し合って腸内環境を整えます。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は腸内を刺激して、腸のぜん動運動を活発化して栄養の吸収力を高め、便の排出を促します。
この作用で効果的に栄養を吸収できるようになるので元気な身体を作ることになります。
また、便の排出が促されるので便秘の改善によるダイエット効果や毒素を排出するデトックス効果が期待できます。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで腸内環境を整え、免疫力の向上に役立ちます。
また、水溶性食物繊維には脂質を原料に作られる胆汁酸の排出作用もあるため、体内に余剰に蓄積された脂質を使うことにも繋がります。
これにより、血中のコレステロール値を下げる効果もあります。

ビタミンなど各種成分

ビタミンC:
抗酸化作用を有し、余剰に発生した細胞を傷つける活性酸素を除去してくれます。
更に、メラニン色素の肌への沈着を防ぐ効果もあります。

ビタミンB群:
エネルギーの生産をし、皮膚や脳、神経の正常な活動を助けてくれます。

カリウム:
ナトリウムの排出を促し、高血圧を予防、改善します。

クロロフィル:
ビタミンCと同じく抗酸化作用があり、殺菌作用で口臭を生む口内菌を殺菌して口臭効果を発揮し、有害ミネラルを吸着して排出するデトックス効果があります。

カルシウム:
骨や歯を丈夫にする効果や、イライラを鎮める精神的な効果があります。

効果を得るための青汁の飲み方

このように、青汁に含まれている実に多くの成分が美容面と健康面で効果を発揮するのです。
青汁を飲むことでこのような効果が得られるのですが、薬と違い即効性はありません。
毎日適量を飲み続けることで青汁の成分が身体に行き渡り効果を発揮してゆくのです。
そのため、一度に大量に摂取するのではなく、適量の摂取を長く続けてゆくことが大切なのです。
是非青汁を普段の食生活に取り入れ、その効果を実感してみてください。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品