青汁は痛風にも効果的?

痛風は尿酸値が高くなり体内に蓄積しまうと、その尿酸が関節内で結晶化して関節を刺激して発症します。
ひどい痛みを伴うやっかいな病気です。
青汁には様々な健康効果がありますが、この痛風の症状の改善にも青汁は効果的です。
青汁の痛風への効果を学んでゆきましょう。

痛風の原因とは

痛風になる主な原因は酸性食品を摂り過ぎることにあるといわれています。
酸性食品には魚や豚肉、牛肉、卵などの動物性の食品や砂糖などがありますが、どれも現代人が多く摂りがちな食品です。
これらの食品は尿を酸性にする性質があり、酸性の尿では尿酸値が高くなり尿酸の蓄積に繋がってしまいます。
また尿酸を多く生成する原因となるプリン体は豚や牛、鶏のレバーや魚の干物、アルコール類に多く含まれています。
これらの食品を日頃から多く食べている場合は尿酸値が高くなり、痛風の発症のリスクが高まります。

痛風を改善するには

痛風を改善するにはプリン体が多く含まれる食事や酸性の食品の摂取量を減らすと共に、アルカリ性の食品を摂取する量を増やすことです。
そうすることで尿酸値を下げ、体内の尿酸の量を減らすことになり、痛風が改善されるのです。
そのためには野菜やキノコ類、海藻や果物などアルカリ性食品を多く食べることです。

痛風改善に有効な青汁

青汁もアルカリ性の食品です。
青汁を毎日飲み続けることで尿をアルカリ性にすることができます。
積極的に青汁を摂取して尿をアルカリ性に傾け、痛風の改善、予防をしてゆきましょう。
また、青汁の摂取と共に水分を多めに摂ることも大切です。
水分を多く摂ることで尿を多く排出させると尿酸も多く排出されることに繋がります。

カフェインが含まれている青汁も痛風改善に効果的

利尿作用がある成分にカフェインがありますが、痛風を早く改善したい方でカフェインの摂取に問題がない場合はカフェインと水分を多く摂り、尿の排出を促すことも大切です。
ケールや大麦若葉などの青汁の原料となる植物にはカフェインは含まれていませんが、青汁の中には抹茶が配合されているものもあります。
抹茶にはカフェインが含まれていますので、痛風の予防や改善に利尿作用を高めつつアルカリ性の食品を摂りたい方には抹茶入りの青汁をおすすめします。

アルカリ性食品+青汁摂取で防ぐ

そして普段から酸性の食品を多く摂り肥満の傾向がある場合は、食事全体の量を減らしてアルカリ性の食品を多く摂ることを心掛けると良いでしょう。
減量効果と共に尿をアルカリ性に傾けるので、速やかな尿酸の排出を促し痛風の予防にも繋がります。
このようにアルカリ性の食品やカフェインを摂ることや、水分を多く摂ることで痛風を予防、改善できます。
青汁もアルカリ性の食品ですので、青汁を飲むことで手軽にアルカリ性の食品を摂取できます。
青汁を飲み、痛風を予防、改善しましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品