青汁の生搾りは飲みにくい?

現在メーカーより販売されている青汁は加熱処理やフリーズドライなどの何らかの加工処理が施されています。
ご家庭で青汁を作る際は作ってその場で飲めるので生絞りで青汁を作ることもあると思います。
実際には青汁の生絞りは飲みにくいのでしょうか?青汁の生絞りについて説明します。

やっぱり飲みにくい

生絞り青汁は文字通り野菜を生で絞るので、くさみや苦みが強い飲み物になってしまいます。
特に青汁の代表的な原料であるケールは栄養価が高い反面、独特のくさみと強い苦みがあり、生絞りではそのくさみや苦みがそのまま残っています。
そのため身体には良くても長く続けるには中々大変になってきます。

家庭で生絞り青汁を作るメリット

現在青汁は多くのメーカーより発売され、スーパーや通信販売で気軽に飲むことができます。
しかし、かつては各家庭において自分で野菜を絞り飲むことが多かったのです。
家庭で青汁を作る際はほうれん草や菜っ葉、その他の野菜を生絞りして青汁を作ります。
そのため新鮮な栄養をその場で飲めるメリットがあります。
また、熱により失われやすい酵素もしっかりと補給することができるメリットもあり、栄養補給に優れた飲み方といえます。

生絞り青汁を作るデメリット

しかし、家庭で毎日青汁を作ることは中々大変な作業ですし、季節により旬の野菜が変わるため、一定の栄養を一定の価格で揃えることも難しくなります。

このように青汁の生絞りは、安定した材料の調達の難しさや作る手間の面倒臭さ、苦みやくさみの強さなどの問題点があり、飲みにくいといえるのです。

市販の青汁は飲みやすい?

しかし、最近のメーカーの青汁には低温処理や非加熱処理、フリーズドライ製法などの加工過程の工夫や改善により生絞りに近い状態の青汁も販売されています。
それらの青汁を飲むことによって、家庭で生絞りをして作った青汁に近い状態の栄養素を摂取することができます。

また、1杯につきごく少量の青汁で済ませることもできます。
例えば粉末タイプの青汁一袋で野菜40g~100g程の栄養素を摂取することができるのです。
価格も年間を通じて安定していますので、いつでも安定した価格で安定した栄養を補給することが可能となっています。

そして、メーカーの青汁は工場で原料をとても細かくカットし、最終的には粉末状にします。
そのため栄養の吸収率も格段に高まっていることもメーカーの青汁の魅力のひとつです。

市販と生絞りの青汁を上手に活用しよう

もちろん時にはご自身で生の野菜から青汁を作り飲むことはとても良いことです。
果汁や豆乳などと混ぜることで野菜以外の栄養も補給できるようになりますし、苦みやくさみの軽減にもなります。
市販の青汁と自分で作る生絞りの青汁、お互いを組み合わせて上手く青汁を食生活に取り入れることも青汁を飲み続けていくおすすめの方法のひとつです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品