青汁の安全性は

野菜不足の解消や健康維持や美容などの目的で多くの人に飲まれている青汁ですが、青汁を飲むことに危険性はあるのでしょうか?今回は青汁の安全性についてお伝えします。

青汁の安全性は高い

元々メーカーで販売されている青汁は健康食品として製造販売されているもので、各メーカーが厳しい基準を設け、その基準をクリアした原料や製造方法で作りますので安全性は高いといえます。

海外産の原料には注意をする

青汁の原料の中には海外で栽培された大麦若葉などの原料を使用しているものもあり、日本の厳しい基準を満たしていない可能性がある場合があります。
原料の野菜が海外産の青汁は価格が安い傾向にあります。
また、原料の原産地の表示個所に栽培されている国が表示されているので参考にすると良いでしょう。
原料が海外産だから危険と言い切ることは出来ませんが、より安全性を重視するのであれば国産の原料を使い、国内で製造された青汁の方がより安全であるといえるでしょう。

アレルギー反応がでる場合もある

稀に青汁の原料のケールや大麦若葉、明日葉などにアレルギー反応がでる場合もあります。
アレルギーの原因物質のことをアレルゲンと呼びますが、体質により食品から金属などあらゆるものがアレルゲンとなりうるので、中には青汁でアレルギー反応が出る場合もあるのです。
しかし、一般的には青汁を飲み続けることでアレルギー体質が改善することの方が多く、ほとんどの人には青汁が原因のアレルギー反応はでないといえます。
万が一アレルギー反応が出た場合は青汁を飲むことを控え、医師のアドバイスを受けましょう。

青汁の残留農薬について

自分で青汁を作る場合は野菜の農薬が気になると思います。
自分で青汁を作る際の材料は無農薬、低農薬の物を選びましょう。
信頼出来るメーカーの青汁は無農薬や低農薬で栽培された原料を使用していますので安全性が高いといえます。
また、残留農薬の検査も定期的に行い、その検査をクリアした農場の原料を使用していますので、より安全といえるでしょう。

青汁のビタミンKとワルファリンの関係

以上の理由から、一般の人が青汁を飲む場合の安全性は極めて高いといえます。
ただし、ワルファリンという血液を固まりにくくする薬を飲まれている方は青汁の摂取を医師から止められる場合があります。
青汁に含まれるビタミンKがワルファリンの作用を抑制するからです。

青汁とカリウムの関係

腎機能の低下などでカリウムが排出出来にくい方も青汁の摂取を控えるよう医師に指導される場合があります。
青汁にもカリウムが含まれていますのでそのカリウムが体内に蓄積してしまい、高カリウム血症という病気を招いてしまう場合があるからです。
そのため、ワルファリンの服用者や腎機能低下などでカリウムがうまく排出出来ない方は青汁を飲むことを控えた方が良い場合があります。
一般の方にはビタミンKもカリウムも身体に必要な栄養素のひとつになりますので他の栄養素と共に青汁から摂取することをおすすめします。
信頼出来るメーカーから販売されている青汁の安全性は高いといえますので、安心して健康のため青汁を飲むことをおすすめします。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品