産地から青汁を選ぶ

普段から健康のため、青汁を飲んでいる方は多いと思いますが、青汁の産地について考えたことはおありでしょうか?他の野菜が採れる産地により味や品質に違いがあるように、青汁も原料の採れる産地により違いが出てきます。
今回は青汁の産地について調べてみました。
青汁を選ぶ際に参考にされてみて下さい。

九州は青汁の名産地

青汁の主な原料であるケールや大麦若葉は主に九州で栽培されています。
元々青汁自体が九州から全国へ広まっていったのですが、今でも青汁の原料になるケールや大麦若葉の栽培が九州で盛んにおこなわれています。
そこには青汁発祥の地だからという理由の他にも様々な理由があります。
その理由とは、まず九州は温暖な気候で植物の成長に適していることが挙げられます。
植物にとって温暖な気候は成長しやすい環境です。
多くの植物は亜熱帯地域など温暖な気候の地域へ行くほど巨大化し、成長も早くなります。
ケールや大麦若葉にとっても九州の温暖な気候は成長しやすい環境といえるのです。
そして九州は年間を通して降水量が多く、野菜や植物にとって温暖な気候と共に過ごしやすく成長しやすい環境となっています。
さらに土質も水はけが良いため、適度に水分を含んだ土壌を維持しやすくケールや大麦若葉の栽培に適しています。
このような恵まれた環境から作られるケールや大麦若葉を原料とした九州産の青汁は高い栄養価を誇る青汁として評価されているのです。

明日葉は島育ちの植物

今では多くのメーカーが九州産のケールや大麦若葉、ゴーヤといった原料を使用した青汁を製造しています。
ケールや大麦若葉と同じく青汁の原料として使用される植物に明日葉という植物があります。
栄養価も高く、青汁の原料に適している植物です。
明日葉は伊豆諸島、紀伊半島、房総半島で自生または栽培されています。
原産地で採れた明日葉は鮮度を保ったまま青汁へ加工され、販売されるのです。
中には内地や海外で明日葉の農園を作り、栽培して青汁に加工しているメーカーもあるようですが、しっかりと品質管理を行い製造しているようです。

産地を調べてより安全な青汁を購入しよう

他にも愛媛産や静岡産の原料を使用した青汁もあります。
いずれも九州のように温暖な気候が青汁の原料作りに向いている地域だといえます。
青汁を選ぶ際のポイントは産地がしっかりと分かり、その製造過程もメーカーのホームページなどで確認出来る青汁を選ぶことです。
同じ青汁でも産地によって栄養価や安全性が変わります。
より安全で健康に良い青汁を選ぶために産地から青汁を選ぶことはひとつの目安になります。
メーカーによっては青汁の外箱に産地名を記載しているものもありますし、多くの青汁には箱の裏側には産地が記載されていますので確認ができます。
またメーカーの連絡先やホームページアドレスも記載されている場合がありますので問い合わせてみることもよいでしょう青汁の産地を調べ、自分に合った青汁を選びましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品