九州産の青汁について

九州産の青汁について

青汁の中には九州産の野菜を使用した青汁があります。
九州産の野菜を何種類か使用したものがあり、ケールや大麦若葉、ゴーヤに明日葉と四種類の原料を使用したものや、実に十一種類もの野菜を使用したものもあります。
九州という良質の野菜が採れる地域で作られた、安心して飲むことができる青汁が九州産の青汁です。

リーズナブルな価格の九州産の青汁

九州産の青汁は、国産の野菜を使用していますがかなり安いものがあり、400円ほどから購入することが出来ます。
粉末タイプの青汁になるのですが、スティック一袋で約20円とかなり安い価格設定になっています。
そのため、国産の原料を使った青汁を始めたい人にぴったりの青汁といえます。
さらにコンビニで販売されていますので手軽に買うことが出来るのです。

豊かな九州の土壌で栽培される青汁の原料

元々九州野菜には青汁の代表的な原料であるケールや大麦若葉、明日葉もあり、青汁自体が昔から飲まれていた背景もあります。
そして九州産の野菜は温暖で降水量が多い地域で栽培されるために、丈夫で元気に育つのです。
また土壌も野菜の栽培に適しており、栄養価の高い野菜が育つ環境に恵まれています。
そのような青汁の製造に適した地域である九州で収穫された原料を使用した九州産の青汁は、品質も良く価格も手頃なものから購入出来るのでおすすめです。

品質管理もしっかりされている

さらに九州産の原料を使用した青汁を販売する優良な青汁メーカーは残留農薬の検査や土壌のチェックなども徹底して行い、高品質の青汁を提供出来るように日々努力しています。
安全面でも安心出来る青汁といえるのです。

青汁の源流は九州にあり

九州から全国へ広まった青汁は、現在色々なメーカーから様々な種類の青汁が販売されるようになりました。
それだけ青汁という飲み物が多くの人に愛されて飲まれているということなのでしょう。
これだけ多くの人に飲まれている青汁ですが、やはり飲み続けることで実際に健康効果があるからこそ全国で飲まれているのです。
しかし、1980年代には青汁はまだマイナーな飲み物でした。
当時は青汁を知る人はまだ少なく、その効果を知る人もごくわずかだったのです。
青汁の歴史を紐解いてゆくとその源流は九州に行き着きます。
当時「不味い!もう一杯」というような有名なキャッチフレーズのCMで宣伝され、九州地区限定で青汁は販売されていました。
その際使用されていた原料が九州産のケールです。
(季節により島根や北海道産のケールも使用)当時のメーカーが国産の材料にこだわり、九州での青汁の販売を始めたのです。

青汁の原点、九州産の青汁を飲もう

現在でもその青汁は進化をしつつ販売され続けています。
現在は青汁にも多くの種類があり、味も様々です。
その中で青汁の原点でもあり、現在も飲まれ続けている九州産の青汁も、国産の原料を使用した高品質な青汁のひとつといえます。
安心、安全、高品質の九州産の青汁を一度お試しになってはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品