口臭予防に青汁を飲む

青汁は健康増進のイメージが強いのですが、実は口臭の予防にも役立ちます。程度の差こそあれ口臭は誰にでもあるものです。とはいえ他人の迷惑になる程のひどい口臭は困ります 。普段から青汁で口臭対策をしておきましょう。

口臭の原因と予防

ふとした時に、自分でも感じることがある口臭。口臭はニンンクやニラなど、刺激の強い食品を食べた時や、虫歯や歯周病があると発生しやすいことはよく知られています。 その他、ドライマウス、胃腸の不調、鼻や喉の病気、ホルモンバランスの崩れなども口臭の原因です。

ドライマウスと呼ばれる口内が乾燥した状態は細菌の増殖を促します。細菌は臭いの原因となる揮発性硫黄化合物を量産します。

唾液がうまく分泌されている時は口臭も抑えられるのですが、朝の起床時や空腹時などは唾液の分泌が減るため口内が乾燥し、口臭も強まります。

胃腸の不調や鼻や喉の病気など、病気が原因であると考えられる口臭は、まず医療機関の受診をおすすめします。虫歯や歯周病は治療しておきましょう。歯垢や歯石も口臭につながるため、日頃から歯のケアを怠らないようにしましょう。

唾液の減少による口臭や食べ物が原因の口臭は、歯磨きやマウスウォッシュの励行、こまめな水分補給により比較的簡単に予防、改善することができます。

青汁の成分クロロフィルが口臭予防に役立つ

青汁の原料になる緑黄色野菜にはクロロフィルという緑色の色素成分が含まれています。野菜が緑に見えるのはこのクロロフィルを含んでいるからで、緑の濃い野菜ほどクロロフィルを多く含んでいます。クロロフィルは葉緑素とも呼ばれ、 光合成により二酸化炭素から糖を作り出します。植物、すなわち野菜が育つためのエネルギーを産生する元になるのがクロロフィルです。

クロロフィルは抗菌、殺菌作用が期待され、口内で発生する臭いの元である細菌の増殖を抑える働きがあると考えられています。このため、クロロフィル配合のマウスケア製品や化粧品が数多く販売されています。

青汁を飲むことにより、クロロフィルによる口臭の元を断ち切る働きが期待できるわけです。

腸内環境の改善は体臭、口臭の改善につながる

腸内環境の悪化は体臭、口臭を強くするといわれています。便秘が続くと腸内環境が悪化し、悪玉菌が増え善玉菌が減ります。やがて腸内に停滞した便が毒素やガスを発生し、血液と共に全身を巡り、最後は毛穴や口から悪臭となり排出されます。

ニンニクなどの食べ物が原因の口臭とは違い、便秘が原因の口臭は食物が腐敗したような強い悪臭を放ちます。

このように意外にも便秘と口臭は関連しています。便秘を改善し腸内環境を整えることが、体臭や口臭を予防することにつながります。

青汁は食物繊維を豊富に含みます。食物繊維は水溶性と脂溶性があり、便秘の予防と改善にはこのふたつのバランスがうまく取れていることが大切です。
青汁は水溶性と脂溶性、両方の食物繊維をバランスよく含み、便秘の予防と改善に働き、腸内環境を整える手助けをします。

青汁で根本的に口臭を予防しよう

口臭が気になったら、まずは原因を特定しましょう。食べ物の影響や口内の乾燥が原因であれば一時的なものなので、食べ物や水分補給に気をつけると比較的簡単に予防、改善することができます。

しかし便秘や腸内環境の悪化による口臭は、マウススプレーなどでごまかすのではなく、便秘を改善し、根本から口臭の原因を断つ必要があります。

そのためには食物繊維を豊富に含む青汁がおすすめです。青汁は口臭予防効果が期待できるクロロフィルも含んでいます。

青汁で口臭予防、始めてみませんか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品