美容に嬉しいプラセンタ配合の青汁

青汁はシンプルに青汁だけのものと、健康上と美容上の効果を高めるために付加価値のある成分が添加されているものがあります。美容上の効果をより一層高めることを目的として、プラセンタが配合されている青汁が販売されています。

プラセンタ配合の青汁

プラセンタは美容上の効果が見込める成分として、化粧品に配合されているのは周知のとおりです。そのせいもあり、プラセンタが配合されている健康食品は青汁に限らず女性をターゲットにしたものが多いのも事実です。

プラセンタ配合の青汁は複数のメーカーから販売されていますが、プラセンタ以外にもヒアルロン酸やコラーゲン、ローヤルゼリー、イソフラボン、クロレラといった美容上の効果が見込める成分が同時配合されている商品が多くみられます。美容と健康を重視する女性にとっては気になる青汁といえるでしょう。

プラセンタとは

プラセンタは哺乳類の胎盤のことです。人のプラセンタは医薬品の原材料に使用させる成分で食品として使うことができません。そのため健康食品にはブタ、ウマ、ヒツジのプラセンタが利用されます。国内ではブタ、ウマのプラセンタが使用されています。

健康食品にはプラセンタエキス、プラセンタエキス純末として使用されています。プラセンタエキスは家畜の胎盤を酵素や塩酸などで分解し抽出した液状のもので、加熱殺菌処理されています。

プラセンタエキス純末は、プラセンタエキスから凍結乾燥や噴霧乾燥により水分を取り除いた粉末状のものです。これらを原材料として食品に添加したものが、プラセンタエキスを含有している食品として販売されています。

プラセンタの成分と働き

プラセンタエキスにはさまざまな有効成分が含まれていると考えられていますが、現時点ではすべてが明らかにはされていません。大部分がたんぱく質で、そのほかアミノ酸、糖質、ビタミン、核酸、ミネラル、ペプチドホルモン、酵素、サイトカインなどが含まれていると考えられています。プラセンタの主な成分の働きは以下のとおりです。

たんぱく質

人の体の皮膚、血液、筋肉、髪の毛などの材料になるのがたんぱく質です。プラセンタは成長因子という細胞の分裂と増殖を促進する特別なたんぱく質を含んでいます。

アミノ酸

プラセンタには10種類以上のアミノ酸が含まれていると考えられています。プラセンタに含まれるこれらのアミノ酸は吸収率が高いという特徴をもっています。
体内で合成できず、食品から摂取が必要な必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジン、バリン、スレオニンなどが含まれています。

糖質

プレセンタに含まれるグルコースやショ糖などの糖質は脳や筋肉のエネルギー源で、不足すると意識障害など脳の機能が低下します。

ビタミン

ビタミン、ミネラル類は体の調子を整えるのに必須の栄養素ですが、プレセンタにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンDなどが含まれています。

ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用があり、老化を防止し美白、美肌効果が期待できます。

ビタミンB2は体を作るたんぱく質の合成に関与します。

ビタミンB1は神経機能や脳を働きを正常に保ち、糖質をエネルギーに変える働きがあります。

ビタミンB6は皮膚の新陳代謝に関与するため、美肌作りに欠かせない成分です。

ビタミンB12は悪性貧血の予防、規則正しい睡眠を得る助けをします。

ミネラル

ミネラルは神経の伝達や骨や歯を作るのに大切な働きを担います。代謝を高め、貧血の予防、成長の促進にも作用します。

核酸

遺伝情報のDNAとたんぱく質を作る働きのRNAにより構成される核酸は肌の老化を防ぎ、美肌 、美髪 、疲労回復、肥満予防などの効果があります。

プラセンタの注意点

プラセンタは体質によりアレルギー反応を起こす可能性が指摘されています。何らかのアレルギーのある方は注意が必要です。

プラセンタ配合の青汁に期待できる効果

プラセンタ配合の青汁は体の酸化を防ぎ、シワやたるみ、シミの予防、ターンオーバーの促進など、肌の老化を防止する効果が期待できます。プラセンタが配合されることにより、通常、青汁には含まれない必須アミノ酸が含まれ、肌の保湿を促進し、ハリと弾力を与える効果や髪の毛の質の改善が期待できます。

飲みやすいプラセンタ配合の青汁

プラセンタ配合の青汁は女性向けということもあり、一般にどの商品も飲みやすいように味に工夫がされているものが多いです。また粉末の飲むタイプだけではなく、どこででもそのまま食べられるゼリータイプや、ジュースのような味のフルーツエキス入りのものもあります。お好みのプラセンタ配合の青汁で、美容と健康の増進に役立ててみましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品