青汁を飲むと臭いおならが出なくなる?

青汁を飲むとおならが出やすいとか、臭いおならが出る、いや出なくなるなど、 青汁とおならにまつわるさまざまな話を耳にしませんか?青汁は腸と密接な関係があり、青汁がおならの回数や臭いに影響することがあります。

おならの成分と臭いおならが出る原因

おならは口から取り入れた空気と、食べ物が腸内で細菌により分解される際に発生するガスとが混ざったものです。食べ物や腸内環境によりおならの臭いが変わります。おならの成分は窒素、炭酸ガス、水素、メタンガスなどが7割以上を占め、においの原因になる硫黄化水素などは1%程度しか含まれていません。

食べ物が原因で臭いおならが出る場合

ニンニクやニラ、玉ねぎなどのにおいの強い食品は硫黄化合物が多く含まれ、硫黄化水素を発生させるため、臭いおならが出る原因とされています。

また肉などの高脂肪、高たんぱくの食品を食べると、消化しきれないたんぱく質が大腸内で腐敗し、アンモニアや硫化水素、インドール、スカトールなどの悪臭の成分が含まれたガスが発生するため、臭いおならが出ます。

便秘で腸内環境が悪化すると臭いおならが出る

食べ物だけではなく、便秘も臭いおならが出る原因のひとつです。便秘で便が長時間腸内に停滞すると悪玉菌が増えます。悪玉菌は腐敗したガスを発生させるため、臭いおならが出ます。

便秘が続くと悪玉菌がどんどん増え腸内環境が悪化します。そうなると臭いおならが出る回数が増えます。

青汁は便秘を予防、改善する食物繊維を含む

青汁は食物繊維を含んでいます。食物繊維は整腸作用があり、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルに次ぐ第6番目の栄養素ともいわれています。

食物繊維は消化されることなく、体内を通過して排出されます。とはいえ、その過程で腸の働きを活発にし、排便を促し便秘の予防と改善に働きかける大切な役割を果たします。

便秘が改善されるとそれに伴い腸内環境も改善されるため、臭いおならが出ることが少なくなります。

青汁はビタミンやミネラルだけでなく、食物繊維の安定した補給にも役立ちます。 青汁を毎日飲むと便秘の予防と改善、そして腸内環境を整え、臭いおならが出なくなるように働きかけます。

なお、おならを我慢すると血液中にガスが放出され全身をめぐり、体臭や口臭の原因にもなるので、おならを我慢することは体によくありません。

青汁に含まれる食物繊維

厚生労働省の日本人の食事摂取基準2015年版では、食物繊維の摂取目標量を18歳から69歳の男性で1日に20g以上、女性は18g以上と設定しています。しかしこの量に到達するのはそう簡単ではありません。近年、食事の欧米化に伴い、特に若い世代を中心に食物繊維の摂取量が減少しています。

食物繊維はワカメや海苔などの海草類、きくらげや干ししいたけなどのキノコ類、いんげんや納豆などの豆類、ごぼうやかぼちゃなどの野菜類に多く含まれています。青汁粉末1包(3g)には食物繊維が約0.8g含まれています。1日に3杯の青汁を飲むと約2.4gの食物繊維が補給できる計算です。

食物繊維を多く含む食品を意識して食べ、不足分を補う目的で青汁を飲むと腸内環境の改善に有効で、臭いおならが出ることが少なくなるでしょう。

まとめ

臭いおならはニンニクや玉ねぎなど、においの強い食べ物を食べた時、あるいは便秘で腸内環境が悪化している時に出ます。

青汁は食物繊維を含み、便秘を改善、解消するのに役立ちます。便秘の改善、解消は腸内環境の改善につながり、臭いおならが出なくなります。

青汁は食物繊維の不足を補う目的で摂取し、食物繊維の多く含まれている海藻類やキノコ類などの食品を積極的に日々の食事に取り入れましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品