青汁ファスティングダイエット

最近、青汁が ダイエットに利用されることが多くなり、特に若い女性の間で人気が高まっています。青汁は栄養価が高くファスティングダイエットに向いているといわれています。

ファスティングダイエットとは?

ファスティングとは英語のfastingからきた言葉で断食を意味します。断食とはいえ、ファスティングダイエットは完全な断食を行うわけではありません。食事の代わりに青汁などの飲み物と水を飲むダイエット法です。短期間で集中して行うのがファスティングダイエットの特徴です。

青汁がファスティングダイエットに向いている理由

ファスティングダイエット中は固形物を摂らないため栄養が不足します。青汁は低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれた栄養価の高い飲み物で、ファスティングダイエット中の栄養補給に適しています。

青汁ファスティングダイエットのやり方

ファスティングダイエットは通常1日から3日以内で行います。食事の代わりに青汁を飲みます。初めての場合は、週末の半日から1日で行うと良いでしょう。

ファスティングダイエットは準備期間、ファスティング期間、回復期間の3つの期間を1セットとして行います。青汁を飲むとはいえ食事をカットするわけですから、いきなり始めると体への負担が増します。そのためファスティングに向けて準備する期間とファスティング後の回復する期間を設けます。

ファスティングダイエットに利用する青汁はお好みのタイプを選んでかまいません。自分が一番飲みやすいと思う青汁を使うとストレスを溜めずにファスティングを行うことができます。

準備期間

青汁ファスティングダイエットを行う1週間位前から少しずつ食事の量を減らします。目安として毎食、腹七分目程度に抑えるようにします。高脂肪、高カロリーの食べ物、インスタント食品や加工食品、糖分の多い菓子、スナック類、アルコールは避け、できるだけ消化の良いものを食べます。味噌汁、納豆、豆腐、米、野菜などの和食が理想です。喫煙も控えます。青汁は毎日飲んでおくことをおすすめします。

準備期間の夕食は寝る3~4時間前までに終え、ファスティングに備え内臓を休ませるようにしましょう。

ファスティング期間

ファスティング期間中は 3食を青汁に置き換えます。水分補給はこまめに行います。ミネラルウォーターを日に2リットリル程度飲みます。カフェイン入りの飲み物やアルコールは飲まないようにし、タバコも控えます。空腹を紛らわすため、ガムを噛んだり飴をなめたりしないように注意します。

激しい運動は行わず、ヨガやストレッチなどで軽く体を動かすようにします。サウナや熱いお風呂は避け、シャワーを浴びる程度にしておきましょう。

ファスティング期間中の栄養源は青汁のみです。この期間は極端に摂取カロリーが減るため、初めて行う時は青汁にハチミツなどで加糖してもよいでしょう。ただし加糖しすぎないように注意してください。

回復期間

ファスティングの期間が終わると回復の食事を摂ります。いきなり通常の食事に戻すと血糖値が急上昇し、体に負担をかけるだけではなくリバウンドしてしまいます。

回復食に最適なのはおかゆです。ファスティング後の最初の食事は三分がゆから始めます。味付けは薄くします。量は少なめで、ゆっくり食べるようにします。少しずつ食べる量を増やし、1週間位かけて通常の食事に戻します。青汁は継続して毎日飲みましょう。

青汁ファスティングダイエットの効果

青汁ファスティングダイエットは固形の食事を摂らないため、極端に摂取カロリーが減ります。そのため減量効果はすぐに現れます。

青汁ファスティングダイエットはダイエットだけでなく、臓器を休ませ体の機能を回復させる目的も兼ねています。そのため代謝を活性化させ、脂肪燃焼を促進し、太りにくい体質に改善することができます。また体の老廃物が排出され、便秘解消にも効果的です。ニキビや肌荒れの改善など、美容面での効果も期待できます。

青汁ファスティングダイエットの注意事項

ファスティングダイエットは空腹感が伴います。無理のないように体調の良い時を選んで行います。風邪や病気の後で体が弱っている時には行わないようにします。妊娠中、授乳中の方もファスティングは避けます。持病のある方はかかりつけの医師に相談して決めましょう。

3日間のファスティングダイエットを完了すると、その後は最低でも1ヶ月から3ヶ月位はインターバルを開け、次のファスティングダイエットを行うとよいといわれています。

ファスティングダイエットは自己責任の元で行います。呉々も安易に行わず、まずしっかりと下調べをし、自分に合っているかどうかを判断することをおすすめします。自分で行えるのは3日以内です。それ以上続けたい場合は専門家の指導を受けることが必要でしょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品