青汁とにんじんジュースの飲み合わせ

青汁とにんじんジュースはどちらも栄養価の高い野菜ジュースとして知られています。両方を一緒に飲めば相乗効果で一層体にいいのでは? 青汁とにんじんジュースの飲み合わせについて説明します。

青汁とにんじんジュースの飲み合わせは良くない?

青汁とにんじんジュースを一緒に飲む、あるいは間をおかずに続けて飲むことはよくないという意見があります。にんじんジュースにはアスコルビナーゼという酵素が含まれ、青汁に含まれるビタミンCを破壊するという理由からです。しかしこれは正しくはありません。

アスコルビン酸酸化酵素(アスコルビナーゼ)はビタミンCを破壊しない

にんじんジュースに含まれているといわれるアスコルビナーゼという名称は学術用語ではなく、現在は使用されていません。これはアスコルビン酸酸化酵素という成分のことで、還元型ビタミンCのL-アスコルビン酸を酸化型ビタミンCのデヒドロアスコルビン酸に酸化させる作用があります。

この作用により、ビタミンCは摂取されると体内で還元型L-アスコルビン酸からデヒドロアスコルビン酸に酸化されます。しかし状況により簡単に還元型に戻るため、どちらの型を摂取しても、体内ではほとんどが還元型として存在することが実験で認められています。すなわち、アスコルビン酸酸化酵素(アスコルビナーゼ)はビタミンCを破壊するわけではないということです。

このため、厚生労働省の食品成分表でもビタミンCは還元型と酸化型とを合わせた総ビタミンCとして表示されています。

ジュースの栄養価は変わらない

生にんじんを使った野菜ジュースのビタミンCは室温で置いてもほとんど減少しないという実験データがあります。これはにんじんジュースに含まれるアスコルビン酸酸化酵素(アスコルビナーゼ)は、ジュースの栄養価に影響しないことを示しています。

以上のことから青汁とにんじんジュースを飲み合わせてもビタミンCが破壊されることはなく栄養価も変わらず、むしろ相乗効果により栄養価が高まることが期待されます。

青汁とにんじんジュースの飲み合わせは効果あり

青汁とにんじんジュースを飲み合わせると効果がアップします。飲み合わせで高まる顕著な効果は抗酸化作用です。

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、体内の増え過ぎた活性酸素を除去する作用のことです。活性酸素は細菌やウイルスを除去し、病気から体を守る大切な働きをします。しかし増えすぎると有害物質に変わり、強い酸化力で細胞や皮膚、血管など体のあらゆる部分を酸化させます。呼吸から取り入れる酸素の1~2パーセントが活性酸素に変わります。喫煙や激しい運動、紫外線の照射、ストレスも活性酸素を増やします。

過剰な活性酸素は動脈硬化や生活習慣病の原因とされています。またシミ、ソバカス、しわを増やすなど美容上のトラブルにも関係するといわれます。

青汁とにんじんジュースに含まれるカロテノイド

にんじんはリコピンとβカロテンという成分を含みます。これらは植物に含まれる赤やオレンジ色の色素であるカロテノイドの一種です。青汁にもβカロテンが含まれています。もうひとつ、青汁のルテインという成分もカロテノイドの一種です。カロテノイドは強い抗酸化作用があります。

にんじんジュースに含まれるリコピンの特徴

カロテノイドの中でもリコピンは特に抗酸化作用が強くβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もの働きがあることが認められています。リコピンは完熟トマトを使用したトマトピューレやケチャップに多く含まれていますが、スイカ、ピンクグレープフルーツ、パプリカ、そしてにんじんにも含まれています。特に赤い色をした金時にんじんに多く含まれます。

青汁に含まれるその他の抗酸化物質

青汁の原料野菜にはケール、大麦若葉、明日葉、よもぎなど緑黄色野菜が使用されます。これらの野菜はリコピンやβカロテンと同じく抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを含みます。また亜鉛やセレンなどのミネラル類も抗酸化作用があり青汁に含まれています。

青汁とにんじんジュースの飲み合わせは美容と健康促進に一層効果的

青汁とにんじんジュースの飲み合わせは増え過ぎた活性酸素を除去する効果が非常に高く、動脈硬化や生活習慣病の予防、血行促進、自律神経の安定に働きます。そして美肌や美髪、アンチエイジングなどの美容上の効果も期待することができます。

青汁とにんじんジュース、どちらか一方でも良いのですが、飲み合わせると健康促進に一層効果的です。

まとめ

・にんじんジュースに含まれるアスコルビン酸酸化酵素は還元型ビタミンCを酸化型ビタミンCに変化させる

・酸化型は簡単に還元型に戻るため、どちらの型を摂取しても体内ではほとんどが還元型として存在する

・アスコルビン酸酸化酵素はビタミンCを破壊するわけではない

・青汁とにんじんジュースの飲み合わせでビタミンCが破壊されることはない

・アスコルビン酸酸化酵素はジュースの栄養価を左右しない

・青汁とにんじんジュースの飲み合わせは相乗効果により栄養価が高まり、一層強い抗酸化作用が期待できる

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品