青汁にカフェインは含まれている?

画像の説明

カフェインはコーヒーやお茶に含まれている成分です。
カフェインを摂取すると、眠くなりにくくなったりしますよね。
カフェイン摂取による効果は、デメリットばかりではありません。

カフェイン摂取の効果やメリットを挙げると、疲労回復効果、脳・筋肉を活性化させる効果、抗酸化作用、頭痛の抑制です。

メリットがあれば当然デメリットもあります。
例えば、胃腸に炎症を起こす、葉が黄ばむ、不眠、利尿作用があるから水分補給には向かない、ということを挙げられます。

カフェインの効果に影響を受けなかったり、カフェインの効果を前向きに捉えられる方は良いのですが、妊婦さんや授乳中の方、カフェインに弱い方はカフェインが入っている飲み物に気をつけたいですよね。

健康や美容に良い青汁。
今や若い世代の方にも人気の飲み物ですよね。
青汁の中には、カフェインが含まれている商品とノンカフェインの商品があります。
妊婦さんや授乳中の方は、もちろんノンカフェインの青汁がオススメです。

しかし、カフェインを含む青汁でも、コーヒーや緑茶の様にカフェインが多く含まれている青汁はほとんどありません。
ですから、飲み過ぎなければカフェインを含む青汁を飲んでも大丈夫。

ノンカフェインの青汁を選ぶときに、併せてチェックしていただきたい事があります。
それは、国産の原料を使っているか、無添加かどうかという点です。
青汁は毎日飲むものなので、できるだけ国産の原料を使っている商品、無添加な商品を選ぶと安心。

これらの点を満たす青汁を選ぼうとすると、少し価格が高めな場合がよくあります。
しかし、自分や赤ちゃんの体のことを考えたら、少し暗い高くても安心な青汁の方が良いですよね。

ご説明した通り、青汁に含まれるカフェインの量は少ないので気にすることはありません。
気にしすぎると、逆に体に良くありません。
気にするくらいだったら飲まない方が良いくらいです。

どうしても、カフェインの有無やカフェインの量が気になる方は、青汁の販売元に問い合わせると安心ですよ!