青汁に含まれるポリフェノール

画像の説明

ポリフェノールは体に良いという事は知っているけど、具体的にどう体に良いか分からないという方は多いのではないでしょうか。

ポリフェノールは「ポリフェノール」という成分があるのではありません。
ポリフェノールは400種類以上もある成分なんです。

ポリフェノールの効果を一言で言うと、抗酸化作用。
抗酸化作用は体内で作られた活性酸素を体から取り除く作用があります。
活性酸素が体内にあると、健康な細胞を傷つけて病気や老化を引き起こしてしまうので、抗酸化作用は私たちにとってとても大事な成分なんです。

抗酸化作用を持つポリフェノールを効果的に摂取しようと思ったら結構大変なんです。
ポリフェノールはこまめに、バランス良く摂取することが大事。
そこでオススメなのが青汁です。
実は青汁にもポリフェノールが含まれているんですよ。

青汁は使用されている野菜や植物によって、摂取できるポリフェノール成分が異なるのですが、今回は青汁でよく使われている明日葉を例にとってご紹介します。

明日葉にはカルコン、クマリン、ルテオリンというポリフェノールが含まれています。
カルコンは「抗メタボリックシンドロームホルモン」と言われているほどメタボに効果のあるポリフェノールです。

クマリンはむくみ防止作用、抗菌作用があるポリフェノールです。
ルテオリンは利尿作用、抗炎症作用、免疫力効果作用があります。

明日葉だけではなく、ケール、桑の葉、長命草など様々な青汁の原料にポリフェノールが含まれているんですよ。
それぞれのポリフェノールによって、得られる効果が違うのでどの原料が使われているかをチェックして青汁を購入すると、効果を期待できます。
例えば、動脈硬化を防ぎたい方は桑の葉や長命草やケールの青汁を、ガンを予防したい方は、ゴーヤやケールの青汁がオススメです。

青汁は飲みやすいので、お茶替りに飲むことができます。
ポリフェノールの抗酸化作用を手軽に摂取したい方は、青汁を飲みましょう!