粉末タイプの青汁を飲む

青汁には液体タイプや錠剤タイプなど色々なタイプの青汁があります。
そして最もポピュラーなタイプの青汁が粉末タイプの青汁です。
粉末タイプの青汁は水などに溶かして飲むのですが、今回は粉末タイプの青汁の特徴や飲みやすい飲み方についてお伝えします。

粉末タイプの青汁とは

粉末タイプの青汁は、原料であるケールや大麦若葉、明日葉や桑の葉などの原料を微細粉末化したものです。
メーカーにより様々ですが平均して3gほどの青汁粉末がスティックで小分けにして販売されています。
一回で飲み切るタイプなので毎回鮮度を保った青汁を飲むことができ、多くの人の飲まれている青汁です。

粉末タイプの青汁の特徴

粉末タイプの青汁には以下のような特徴があります。

軽量で持ち運びに便利

粉末タイプの青汁はわずかスティックに入った状態でわずか5gほどととても軽く持ち運びに便利です。
そのため旅先や出張先でも青汁を飲むことができます。
場所も取らないのでどこにでも携帯することができ大変便利です。

わずかな容量に多くの栄養素を凝縮

粉末タイプの青汁には植物性の栄養素が凝縮されています。
メーカーに寄りますが、わずか3gほどの青汁粉末に野菜に置き換えると約40g~100g分の栄養素が含まれています。
そのため粉末タイプの青汁を飲むことで手軽に野菜不足の解消をすることができます。

色々な飲み方のアレンジが可能

粉末タイプの青汁は水だけではなく、色々な飲み物に溶かして飲むことができます。
フルーツジュースや豆乳、ミルクなど、青汁の苦さやにおいを軽減させてよりおいしくする飲み方のレシピが工夫次第でたくさん見つかります。
青汁を割る飲み物の栄養素も同時に摂取出来ることも大きな魅力のひとつです。

また飲み物だけではなく、料理に混ぜてもおいしく頂けます。
カレーやシチューなど出来上がった料理に粉末タイプの青汁を混ぜるだけでよいものや、ホットケーキのように材料に粉末タイプの青汁を混ぜて作る青汁ホットケーキも作ることができます。
青汁ホットケーキはお子さんにも喜ばれるおすすめレシピです。

このように粉末タイプの青汁は色々な飲み物や料理に合わせて摂取できるので、飽きがなく飲み続けることが容易な特徴があります。

粉末タイプの青汁の注意点

粉末タイプの青汁を水などの飲み物に溶かして飲む際には注意が必要です。
粉末タイプの青汁はとても細かくカットされた粉末状なので、水などの飲み物の浮力で混ざりにくい場合があるからです。
そのためお子さんや力が弱い方には混ぜにくい場合があります。

専用シェイカーを使用して混ぜる

粉末タイプの青汁を混ぜにくい場合は専用シェイカーを使用して混ぜると簡単に混ぜることができます。
専用シェイカーは青汁を定期購入で申し込むとプレゼントで付いてきたり、通信販売で購入することもできます。
普通のシェイカーの比べて小さめで目盛も付いているので粉末タイプの青汁を混ぜる際に大変便利です。
お子さんや力の弱い方も振るだけで青汁を作ることができます。

以上、粉末タイプの青汁の特徴や注意点についてお伝えしました。
手軽に飲むことができ、健康に良い効果を発揮する粉末タイプの青汁を飲み、健康な毎日を送りましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品