貧血がつらい人におすすめしたい青汁

朝に弱く日常でも今ひとつ気分が優れない、ラッシュ時の混雑した電車内で血の気が引くようになり意識が遠のいてしまうなど、貧血はつらい症状を伴います。
貧血の治療には医薬品の服用やヨガなどによる体の機能の向上などが用いられますが、青汁も貧血の改善に効果を発揮します。
今回は貧血がつらい人におすすめしたい青汁についてお伝えしてゆきます。

貧血の人に不足している栄養素とは?

つらい症状が続く貧血。
多くの場合貧血は特定の栄養素の不足によって引き起こされます。
その栄養素とは鉄分や葉酸、ビタミンB2、B6、B12、そしてビタミンCやたんぱく質です。
これらの栄養素の不足が貧血を引き起こす原因です。
これらの栄養素は全て造血に関わる栄養素なので、これらの栄養素のどれか、または複数が不足することで貧血が引き起こされてしまうのです。

鉄分の不足が貧血を招く

特に多くの貧血になる人に不足している栄養素として鉄分があげられます。
鉄分は赤血球を形成する成分のひとつですが、血液を通して身体中に酸素を運ぶ大切な役目があります。
鉄分が不足することで酸素が十分に身体にゆき渡らずに貧血状態になってしまうのです。

青汁で鉄分を補給する

青汁には鉄分も含まれています。
レバーやまぐろ、大豆やプルーンなど鉄を多く含む食品を摂りつつ青汁を飲み続けることで、鉄分が十分に補給されて貧血の改善に繋がるのです。

青汁の鉄分は非ヘム鉄

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の二種類の鉄がありますが、青汁に含まれる鉄分は非ヘム鉄です。
非ヘム鉄はヘム鉄に比べ吸収率が低いといわれていますが、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取することで吸収率が高まります。
青汁にはビタミンCも含まれていますし、たんぱく質を多く含む豆乳や牛乳に溶かして青汁を飲むことで鉄分の級数率を高めることができます。

青汁には鉄分以外にも貧血に有効な成分が含まれている

青汁には葉酸やビタミンB2、B6も含まれています。
そのため造血作用のあるそれらの栄養素も同時に摂取出来るため効果的です。
ただし、ビタミンB12に関してはチーズやレバー、かつおなどの動物性食品に含まれていますので、普段の食生活でそれらの食品を摂ることでビタミンB12を補給するようにしましょう。
以上のように食生活で貧血を改善する栄養素を含む食事を摂ることを心掛け、さらに青汁を飲み続けることで造血作用のある栄養素の不足からくる貧血を予防、改善することができるのです。

青汁を上手に生活に取り入れて貧血を改善しよう

必要な栄養素を青汁などから補給し、ある程度貧血が改善されてきた際には自分のペースで運動をすることも効果的です。
身体の代謝が上がり、血行が良くなるのでさらに健康になることも可能になるからです。
このように、青汁を普段の食生活の改善と共に飲み続けることで血液の生産に必要な栄養素の不足から起こる貧血の予防、改善が可能です。
青汁を飲むことでつらい貧血を防ぎましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品