青汁は美容の味方!

青汁には様々な美容効果のある成分が含まれています。
そのため健康目的以外にも美容のために青汁を飲む人も多いのです。
そして実際に多くの人が青汁の美容効果を体感しているのです。
青汁に含まれている美容に良い成分とその効果はどのようなものなのでしょうか?

青汁に含まれる美容効果のある成分

青汁に含まれている美容成分には以下に挙げるような代表的な成分があります。

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE
・食物繊維

これらの成分が美容効果を発揮するのです。
ひとつひとつその効果についてお伝えしてゆきます。

ビタミンAの美容効果

まずビタミンAですが、このビタミンは青汁に含まれているβカロテンという成分が体内で変換されて生成されます。
視覚機能の正常化に関わるほか、皮膚や粘膜の健康と美しさも保つ効果があり、美肌や目の潤いを守る成分です。

ビタミンB群の美容効果

続いてビタミンB群の効果です。
ビタミンB群はお互いの成分が体内で助け合いながら、脳に始まる神経系の正常な働きや、皮膚や粘膜の健康を保ち、美肌を守ります。
特にビタミンB6はホルモンのバランスを正常化する働きもあり、女性らしい魅力の形成に必要な成分になります。
ビタミンB群の中で、赤血球の形成に関わるビタミンB12だけは主に動物性食品に含まれているため、チーズやレバーなどから摂取する必要があります。

ビタミンCの美容効果

美肌効果のある成分として有名なビタミンCも青汁に含まれる美容成分のひとつです。
ビタミンCは美肌の大敵であるメラニン色素の肌への沈着を防いでくれます。
また、コラーゲンの生成にも関わり、肌のハリを維持します。
そして強い抗酸化作用で身体が余剰に発生した活性酸素の害で老化してしまうことを防ぐ成分でもあります。
ストレスは肌にダメージを与えますが、ビタミンCはストレスを感じると生産されるアドレナリンというホルモンの生成にも関わっています。
そのためストレスを感じるとビタミンCがアドレナリンの生産で消費されるので、体内でどんどん減ってしまいます。
ストレスから美肌を守り、身体を老化から守るためにビタミンCの摂取は大切になります。

ビタミンEの美容効果

ビタミンCと共に高い抗酸化作用で身体を老化から守る効果があるビタミンがビタミンEです。
さらにビタミンEには血行を促進して肌のツヤやハリを保つ効果もあります。
そして紫外線の害から肌を守る働きがあるため、ビタミンCと同じくシミ対策に有効です。

食物繊維の美容効果

最後に食物繊維を紹介します。
青汁に含まれている食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の二種類があり、それぞれ違う働きをして美容効果を発揮します。
不溶性食物繊維は腸内を刺激して腸の運動を活発化して排出機能や吸収機能を向上させます。
そのため便の排出が進み、ダイエット効果が期待できます。
また、栄養が速やかに吸収されるので健康的な身体になってゆきます。
そして水溶性食物繊維には善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える効果があります。
この二つの食物繊維の力で腸が健康になると、便の排出と栄養の吸収の良い循環が生まれ、他の美容成分が効果的に作用することになります。

このように青汁には美容に効果のある成分が沢山含まれています。
青汁を飲むことで美しい体を作りましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品