青汁の副作用を知っておこう

青汁は多くの方に飲まれ続けている健康食品です。
値段も手ごろで続けやすいことが特徴ですが、青汁には副作用はあるのでしょうか?今回は青汁の副作用についてお伝えしてゆきます。
青汁を飲む際の注意点を学び、より安全に青汁を飲むようにしましょう。

青汁の過剰摂取は禁物

青汁は多くの健康効果が期待できる飲み物です。
しかし、中には青汁を飲むことで副作用や良くない影響が出る場合があります。
それらを防ぐためにまず注意すべき点は、青汁の過剰摂取です。
青汁は健康食品ですが、一度に多く摂取しても大きな効果を得ることには繋がりません。
むしろ決められた用量を守って飲むことで効果を発揮する飲み物です。
青汁を過剰に摂取してしまうと食物繊維を摂り過ぎて腸を過度に刺激し、下痢を引き起こす恐れがあります。
また他の栄養素も過剰に摂取してしまう恐れが出てきますので、過剰摂取による体調不良を招く場合もあります。
青汁に限らず、どのような食品やサプリメントでも過剰摂取をすると身体に良くない影響が出てきます。
青汁はメーカーが推奨する用法用量を守り飲むようにしましょう。

腎機能に障害がある方は医師に相談を

青汁を飲む際に気を付ける点は、腎機能に障害がある場合です。
腎機能に障害があると青汁に含まれるカリウムがうまく排出されなくなり、高カリウム血症という病気を発症してしまうことがあります。
高カリウム血症は、吐き気や不整脈、手足のしびれなどの症状が出る病気です。
この病気を発症させてしまう可能性があるので、腎機能に障害がある方は青汁を飲み始める前に医師に相談しましょう。

ワーファリンと青汁の飲み合わせはNG

脳梗塞など血管に血液が詰まることで発症する病気の予防や治療で、ワーファリン(別名ワルファリン)という薬を服用している方も注意が必要です。
ワーファリンは血液を固まりにくくして血液が詰まらないようにする薬ですが、青汁に含まれているビタミンKという成分が、このワーファリンの効果を阻害します。
そのためワーファリンを服用している方は青汁の摂取を控えた方が良いでしょう。

稀にアレルギー反応が出る場合も

青汁を飲むことで稀にアレルギー反応が出る方がいます。
本来青汁はアレルギー体質の改善効果があることが多い飲み物なのですが、残念ながらアレルギーの原因となるアレルゲンは人により多種多様なので、中には青汁に含まれている何らかの成分にアレルギー反応が出る場合もあるのです。
そのような場合は青汁の摂取を控えることが必要です。

安全に青汁を飲み続けるために

以上が青汁を飲むことで起きる可能性のある副作用や良くない影響についての説明になります。
お話ししました腎機能障害がある方やワーファリンを服用されている方、青汁自体にアレルギー反応が出る方は医師に相談し、場合によっては青汁を飲むことを控えた方が良いでしょう。
それ以外の一般の方は青汁の過剰摂取に気をつけ青汁を飲むことで、下痢などの症状を出さずに青汁を飲み続けることができます。
メーカーの推奨する用法用量を守り、青汁を飲むようにしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品