青汁の成分を調べよう

多くの人が青汁を飲むことでその健康効果を実感しています。
高い健康効果を誇る青汁ですが、青汁の健康効果にはどのような成分が関係しているのでしょうか?青汁の成分について調べてみました。

青汁には健康に効果のある成分がたくさん!

青汁には実に様々な健康に良い影響を与える成分が含まれています。
今回はその青汁の成分について紹介してゆきます。
ただ、青汁といっても原料によって種類に違いがありますので、ここでは代表的な青汁の原料であるケールと大麦若葉に共通する成分を紹介します。
どちらの青汁にもこれから紹介する成分が含まれています。
それでは早速青汁の成分とその効果について紹介してゆきます。
以下が青汁の主な健康に良い成分になります。

食物繊維

植物の繊維質で、不溶性食物繊維と水溶性の二種類があります。
腸の運動を活発化させたり、 善玉菌のエサとなり腸内環境を改善する整腸効果があります。

たんぱく質

筋肉などを構成する成分で、水分に次いで体内に多く存在する成分です。
肉や魚などに含ま れる動物性のタンパク質がよく知られていますが、大豆や青汁にも含まれています。

各種ビタミン

β-カロテン(ビタミンA)

体内で必要に応じてビタミンAに変換され使用される成分です。
視力の正常化や粘膜の健康に関わっています。

ビタミンB1

疲労の回復を促し、神経細胞の正常な働きを維持するビタミンです。

ビタミンB2

爪や髪、肌の健康を維持する効果や、脂肪を燃焼させる働きがあるビタミンです。

葉酸(B9)

正常な赤血球の形成に関わるビタミンで、貧血の予防や動脈硬化の予防に力を発揮するビタミンです。

ビタミンC

抗酸化作用があり、体内の余剰な活性酸素を除去します。
その他に美肌効果や免疫力の向上 効果もある成分です。

ビタミンE

他の抗酸化作用のある成分と共に活性酸素を除去し、身体の老化を遅らせる効果があるビタミンです。

各種ミネラル

カルシウム

歯や骨を構成する成分のひとつです。
その他、精神的な安定にも関わり、イライラを軽減する効果があります。

マグネシウム

カルシウムと共に歯や骨の形成に関わる成分です。

カリウム

体内のナトリウムの量のコントロールや、筋肉の収縮に関わる成分です。
ナトリウムの量が増えすぎるとカリウムが余剰なナトリウムの排出を促してくれます。

血液中のヘモグロビンを構成する成分のひとつで、酸素を細胞に運ぶ役割があります。

ルテイン

目の黄斑部と呼ばれる部位を活性酸素のダメージから守り、健康的な視力の維持に効果を発揮します。

クロロフィル

有害ミネラルや食物中の脂質を吸着して排出する働きがあり、デトックス効果があります。
また、強力な抗酸化作用があり、他の抗酸化作用がある成分と共に活性酸素の害から身体を守ります。

手軽に沢山の栄養成分を摂取出来る青汁

以上のように青汁には実に様々な成分が含まれていて、それぞれの成分には健康を維持する上で大切な役割があるのです。
青汁を飲むことでこれらの成分を一度に摂取することができます。
青汁を飲み続け、これらの成分の作用で発揮される青汁の健康効果を実感しましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品