青汁の栄養素を知ろう

青汁は飲み続けることにより。
健康を維持する効果や体質を改善する効果、美容効果など様々な効果を得ることが出来る飲み物です。
実際に多くの人がその効果を実感しているため青汁の需要が増え、今では色々な種類の青汁が多くのメーカーより販売されています。
その青汁ですが、一体どのような栄養素が含まれているのでしょうか?代表的な青汁の原料であるケール、大麦若葉から作られた青汁の栄養素についてお伝えしてゆきます。

ケールの青汁の栄養素

まずはケールの青汁の栄養素です。
ケールとはヨーロッパ原産の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種にあたる野菜です。
他の野菜に比べて栄養価が高く、昔から青汁の原料として使われています。
ケールの青汁には以下のような栄養素が含まれています。

食物繊維

ケールに含まれる栄養素には腸の運動を活発化する不溶性食物繊維、善玉菌のエサになる水溶性食物繊維があります。

メラトニン

ケールの青汁には良質な睡眠に関わるメラトニンが含まれています。

カルシウム

ケールにはカルシウムも豊富です。
ケールのカルシウムは吸収しやすい特徴があり、効果的にカルシウムを吸収することが出来ます。

ルテイン

ケールの青汁には目を保護する働きのあるルテインも含まれます。

ビタミンB群

それぞれが助け合い、脳や神経、皮膚を健康に保つビタミンB群(ビタミンB12以外。
ビタミンB12は主に動物性の食品に含まれます)も含まれます。

ビタミンC

抗酸化作用があり、免疫力も高めるビタミンです。

ビタミンE

血行を促進させ肌のハリを守るビタミンEも含まれます。

βカロテン

ケールの青汁には体内で必要に応じて肌や粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンAに変換されるβカロテンも含まれます。

クロロフィル

デトックス効果のあるクロロフィルも含まれています。

赤血球を形成し体中に酸素を運ぶ役目のある鉄もケールの青汁に含まれています。

大麦若葉の青汁の栄養素

大麦若葉の青汁にも上記のケールと同じような栄養素が含まれています。
(メラトニンは含まれません)大麦若葉とは大麦が穂をつける前の若い葉の状態のことをいいます。
ケールと同じく不溶性食物繊維や水溶性食物繊維、カルシウムやビタミンB群、ビタミンCやビタミンE、βカロテンやクロロフィル、鉄などが含まれており、ケールの青汁と同じく様々な栄養素を摂取することが出来ます。

大麦若葉の青汁の特徴

大麦若葉の青汁の特徴として、SOD酵素と呼ばれる酵素が含まれていることが挙げられます。
SOD酵素とは、Super Oxide Dismutaseの略で、活性酸素を除去する酵素という意味があります。
強力な抗酸化作用があり、余剰に発生した身体を傷つけてしまう活性酸素を除去する効果がります。
このようにケール、大麦若葉という青汁の代表的な原料からから作られている青汁には実に様々な栄養素が含まれているのです。

明日葉の青汁の栄養素の特徴

また、同じく青汁の原料となる明日葉という植物にもケール、大麦若葉と同じような栄養素が含まれていますが、特筆すべきは明日葉にはビタミンB12も含まれているという点です。
地上で育つ植物でビタミンB12が含まれている植物は明日葉だけで、ビタミンB12には造血作用があります。
このように青汁には実に様々な栄養素が含まれています。
それぞれの原料にしか含まれていない栄養素もありますが青汁の中には複数の原料が配合されたものもありますので、ご自身の求める効果に合わせて最適な青汁を選ぶようにしましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品