青汁のおすすめの割り方は?

皆さんは普段、青汁をどのような割り方で飲んでいますか?一般的には粉末タイプの青汁は100mlほどの水で割って飲むことが多いと思います。
多くのメーカーも水で割る飲み方を推奨しています。
しかし、青汁には水以外にもおすすめの割り方があるのです。
今回はおいしくて健康効果のアップも期待出来る青汁のおすすめの割り方についてお伝えします。

青汁のおすすめの割り方①牛乳割り

おすすめの割り方の定番は牛乳で割る飲み方です。
牛乳は動物性の食品ですから、植物性の青汁を割って飲めば動物性、植物性両方の栄養素が一度に摂れます。
また牛乳の味が青汁のにおいやクセを抑えるので、青汁が苦手な方も飲みやすくなります。

青汁のおすすめの割り方②豆乳割り

牛乳で割る青汁の飲み方はこのような良い点がありますのでおすすめですが、体質的に牛乳が身体に合わない方や、ベジタリアンの方には豆乳で割る飲み方をおすすめします。
豆乳は大豆を原料に作られる飲み物で、大豆に含まれている大豆イソフラボンは抗酸化作用による余剰な活性酸素の除去や、肌を美しく保つ効果がある成分です。
大豆は私たち日本人が長く摂取してきた食材でもあり、安全性も高いといえます。
ただし、大豆にアレルギーがある方は他の割り方で飲むようにしましょう。

青汁のおすすめの割り方③フルーツジュース割り

甘みや酸味が加わり、お子さんでも飲みやすくなる割り方は、フルーツジュースで割る飲み方になります。
理想は生の果物をジューサーのかけて作ったフレッシュなフルーツジュースで青汁を割ることです。
そうすると出来たての新鮮な果汁の栄養と青汁の栄養を摂ることが出来るので効果的です。
生の果物から作られたフルーツジュースには酵素がしっかりと入っています。
酵素とは特殊なたんぱく質の一種で、体内で消化に必要な消化酵素と代謝に関係する代謝酵素の大きく分けて二つの酵素に分けられます。
生物が生きてゆくために必要不可欠な栄養素ですが、年齢を重ねると体内の酵素が減少してゆきます。
そのため生の果物などから積極的に摂取する必要があるのです。
フルーツジュースで割る青汁は、しっかりと酵素やビタミンCなど果物に含まれている栄養素と青汁の栄養素が摂取出来、味も果物の甘さや酸味が加わるのでおいしくなります。

青汁のおすすめの割り方④味噌汁割り

意外な割り方としては味噌汁で青汁を割る飲み方があります。
味噌汁の味が強いので、青汁のクセが抑えられ、おいしく飲むことが出来ます。
また、味噌汁には体内で生成することが出来ない必須アミノ酸が含まれています。
この必須アミノ酸が摂取出来る味噌汁ですが、青汁と一緒に飲むことで吸収率が高まります。
青汁に含まれている食物繊維が腸内環境を整え、さらに腸のぜん動運動を活発化するので栄養の吸収率が高まるからです。

自分の好みの割り方で青汁を割って飲みましょう

今回は青汁のおすすめの飲み方を紹介しました。
色々な割り方がありますが、ご自身の目的に合った割り方を見つけ、効果的に青汁を飲むようにしてゆきましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品