青汁には1日の摂取上限ってあるの?

青汁は誰にでもお買い求めできる身近な飲み物です。
手軽に健康管理ができる飲み物の代表といえるでしょう。
青汁が健康に良いことは多くの人がご存知だと思いますが、青汁の1日の摂取上限について知っているという人はあまりいないと思います。
今回は青汁の1日の摂取上限についてお伝えします。
青汁の正しい飲み方を知り、より効果的な飲み方で青汁を飲むようにしましょう。

青汁には医薬品のような摂取上限はない

青汁の1日の摂取上限ですが、実は青汁には1日に定められた摂取上限はありません。
青汁は分類上、健康食品になるので、医薬品のような摂取上限はないのです。
つまり、他の食品のように自己責任で自由に飲む量を決めても良いのです。
しかし、青汁に限らずどのような食品も、食べ過ぎ、飲み過ぎは健康に良くありません。
例えば健康に良いとされる納豆も、食べ過ぎることで痛風の原因になるプリン体の過剰摂取になります。
青汁も過剰に摂取をすると身体に良くない作用を起こす恐れがあります。

メーカーが推奨する飲み方がある青汁

青汁の過剰摂取は他の食品と同じように身体に良くない作用を起こす恐れがあります。
それではどのようにして青汁を過剰摂取しないように注意すれば良いのでしょうか?青汁を過剰摂取しないようにするには、メーカーが推奨する飲み方を守れば良いのです。
青汁には青汁が入っている箱やペットボトルにメーカーが推奨する飲み方が記載されています。
その飲み方を守れば過剰摂取になりません。
メーカーが推奨する飲み方を守ることで安心して青汁を飲むことができるのです。

子供やお年寄りは、推奨量の半分から飲み始める

一般的な青汁の1日の推奨摂取量は成人を基準に決められています。
ですのでまだ小さいお子さんや食事量が減っているお年寄りにはメーカーが推奨する1日の摂取量では多過ぎる場合があります。
お子さんやお年寄りがメーカーの推奨する青汁の1日の摂取量を飲むと下痢や腹痛などを起こしてしまう場合は、推奨摂取量の半分から飲み始めるようにします。
そうすることでお子さんやお年寄りにも身体に負担なく青汁を飲んでもらうことができます。

青汁を飲み過ぎると起きる症状がある

青汁も飲み過ぎは身体に良くありません。
青汁を飲み過ぎることで様々な身体に良くない症状が表れることがあります。
青汁を飲み過ぎることで起きる可能性がある症状には以下のようなものがあります。
以下にお伝えするような症状の自覚がある場合は、青汁を飲み過ぎている可能性があります。
その場合は青汁を飲む量を減らし、様子を見るようにします。

青汁を飲み過ぎると起きる症状1・下痢

青汁を飲み過ぎると多くの人は下痢を起こします。
これは青汁に含まれる不溶性食物繊維が腸のぜん動運動を活発化し過ぎて十分な消化吸収が行われないうちに便が排出されてしまうために起こります。

青汁を飲み過ぎると起きる症状2・吐き気

青汁を飲み過ぎると身体が余剰な成分を吐き出そうと吐き気をもよおす場合があります。
これは身体が余計なものを吐き出そうとするために起こる反応ですが、できることなら避けた方が良いでしょう。
青汁を飲む量を減らすことで吐き気を起こらなくすることができます。

青汁を飲み過ぎると起きる症状4・腹痛

吐き気と同じように、身体が過剰に摂取した成分を吐き出そうとする際や十分に消化吸収ができていない場合に腹痛を覚える場合があります。
いくら身体に良い成分でも摂り過ぎは腹痛などの症状を起こしてしまうのです。

青汁を飲み過ぎると起きる症状3・アレルギー反応

アレルギー反応は免疫機能の異常により、本来毒物ではない物質によりくしゃみや目の腫れ、充血、湿疹やめまいなどの症状が起きることで、アレルギー反応を起こす原因物質であるアレルゲンは人により様々です。
代表的なアレルギー反応に花粉をアレルゲンとする花粉症がありますが、稀に青汁に対してアレルギー反応がでる人がいます。
この場合は医師に相談し、青汁を飲む量を減らすか、青汁を飲むことを控えることで様子を見ます。

青汁を飲み過ぎると起きる症状5・心因性の拒否反応

青汁には独特の苦みやにおいがあります。
中には飲みやすく調整されたものもありますが、元々青汁の味が苦手な人が身体に良いからと無理をして大量に青汁を飲むと、心因性の拒否反応が起きる場合があります。
吐き気が起こり青汁を飲めなくなってしまうのです。
この場合は青汁を飲む量を減らし、フルーツジュースなど、おいしく感じる飲み物で青汁を割って飲むことで、心因性の拒否反応を抑えることができます。

摂取上限はありませんが、メーカーが推奨する摂取量を守って飲もう

青汁には決められた摂取上限はありませんが、飲み過ぎると身体に良くない症状がでてしまうことがあります。
安心して青汁を飲むにはメーカーが推奨する飲み方を守ることが大切です。
多くのメーカーが推奨する1日の推奨される摂取量は100ml~200mlで1杯から2 杯です。
また、お子さんやお年寄りのようにメーカーが推奨する摂取量では多い場合は、一度に飲む量を減らして様子を見るようにしましょう。

青汁は飲み続けることで効果を発揮します

青汁は自分に丁度良い量を飲み続けることで効果を発揮します。
青汁を飲むことで今回お伝えしたような症状がある場合は、青汁を飲み過ぎている可能性があります。
その場合は1日に飲む青汁の量を減らし、様子を見ましょう。
自分に最適の量で青汁を飲むことで、健康に優れた効果が得られます。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品