青汁で便秘解消できる?

中々お通じがこないつらい症状が続く便秘ですが、身体に不要なものが排出されないため苦しいだけではなく健康や美容にも良くありません。
便秘薬の服用やエクササイズで便秘を解消しようとする人もいますが、青汁を飲むことでも便秘は解消できるのでしょうか?今回は青汁の便秘解消効果について調べてみました。

つらい便秘に青汁が効く

便秘になると食べても出すことができなくなってしまうため、どんどん身体に不要なものが溜まってしまいます。
その中には腸内で腐敗して毒素やガスを出すものも含まれています。
そのため長期にわたる便秘は不快な症状であるばかりでなく、健康を損なう恐れもある危険な状態なのです。
その便秘の解消に青汁が効果を発揮します。
実際に多くの人が青汁を飲み続けることで便秘の解消に成功しています。

便秘を解消するには

便秘を解消するには腸の働きを活発化して腸内環境を整える必要があります。
そうすることで便の排出を促し、スムーズなお通じが可能となります。
青汁には便秘の解消に必要な腸の働きの活発化を促す作用と、腸内環境を整える効果があります。

青汁に含まれる食物繊維が便秘を解消する

青汁がなぜ便秘に解消に効果的なのかといいますと、そこには青汁に含まれる食物繊維が関係しています。
食物繊維が腸の働きを活発化し、さらに腸内環境を整えることでスムーズに排便がなされて便秘が解消されるのです。

青汁に含まれる二種類の食物繊維

青汁に含まれる便秘を解消する効果のある食物繊維は二種類あり、それぞれ働きが違います。
それぞれの食物繊維の働きが相乗効果を生み、結果として便秘が解消されるのです。

青汁に含まれる食物繊維①不溶性食物繊維

青汁に含まれる食物繊維のひとつは不溶性食物繊維と呼ばれる食物繊維になります。
この食物繊維は水などの水分に溶けない性質があり、腸までほとんど形を変えることなく到達します。
腸に届いた不溶性食物繊維は腸内で腸を刺激して腸のぜん動運動を活発化します。
ぜん動運動が活発化すると血行が良くなり、便の排出も促されます。
その結果スムーズなお通じに繋がるのです。

青汁に含まれる食物繊維②水溶性食物繊維

もう一種類の青汁に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維と呼ばれる食物繊維です。
この食物繊維は水に溶け、ドロドロのゲル状になる性質があります。
水溶性食物繊維は腸内へ到達すると、そこで腸内環境を整える善玉菌のエサになります。
水溶性食物繊維を食べることで繁殖した善玉菌が腸内環境を整えることで、腸の機能が向上します。
そうすることで栄養の吸収と不要なものの排出が促されて便秘が解消してゆきます。
不溶性食物繊維の腸のぜん動運動を活発化させる作用と相まって、スムーズなお通じが実現するのです。

乳酸菌を一緒に摂るとさらに効果的

青汁の不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の力で便秘を解消することができますが、青汁の摂取と同時に乳酸菌を摂取するとより効果的です。
整腸効果のある乳酸菌と食物繊維は相性が良く、さらに便秘解消効果を高めてくれます。
青汁を飲むことでつらい便秘を解消し、健康的な毎日を送りましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品