青汁で睡眠の質を高めよう

睡眠は一日の肉体的、精神的な疲れをとり、明日への活力を生む大切な行為です。
しかし、不規則な生活や良い睡眠を得るために必要な成分が不足すると睡眠の“質”が低下して睡眠で得られる本来の効果が得られなくなってしまいます。
そのためには睡眠の質を高める必要がありますが、青汁を飲むことで睡眠の質を高めることが出来ます。

青汁のトリプトファンが睡眠の質を高める

なぜ青汁が睡眠の質を高めてくれるのかというと、青汁に含まれている成分が良い睡眠へと導いてくれるからです。
その睡眠の質を高める青汁の成分ですが、まずはトリプトファンという成分があげられます。
このトリプトファンは代表的な青汁の原料であるケールや大麦若葉、明日葉に含まれています。

トリプトファンからセロトニンが生成される

このトリプトファンを摂取し脳に到達するとセロトニンの原料になり、セロトニンが生成されます。
セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれている成分で、興奮を鎮めて精神を落ち着かせる効果や寝つきをよくする効果があります。
トリプトファンが含まれる青汁を摂取することは、このセロトニンの生成を促すので睡眠の質の向上に繋がります。

セロトニンが睡眠ホルモン、メラトニンに変換される

トリプトファンから生成されたセロトニンは脳の松果体という組織でメラトニンに変換されます。
メラトニンは別名睡眠ホルモンとも呼ばれている成分です。
このメラトニンは、睡眠とも密接な関係がある体内時計を調節する働きがあり、スムーズな入眠や体内時計の正常な働きを助ける効果があります。
このように青汁に含まれるトリプトファンは体内で睡眠の質を高めるホルモンを作る材料になります。

青汁にはセロトニンの材料になる成分が全て含まれている

トリプトファンがセロトニンに合成される際に、マグネシウムやナイアシン、ビタミンB6もセロトニンの材料として使用されますが、青汁にはこれらの栄養成分も全て含まれていますので、睡眠の質を高めるために必要なセロトニンを生成する成分が青汁には全て含まれているといえるのです。

ケールの青汁にはメラトニンが最初から含まれている

青汁の原料の中でケールを使った青汁にはメラトニンも含まれています。
この最初から含まれているメラトニンも体内で有効に働きますので、ケールが含まれている青汁は睡眠の質を高めるためにより良いものといえるでしょう。

寝る直前の摂取は避けましょう

睡眠の質を高めるためにも有効な青汁ですが、寝る直前に飲むことは避けた方が良いでしょう。
胃腸が消化のために活動しますので寝つきが悪くなってしまうからです。
そのためその日の夕食までには青汁を飲み終えておくことをおすすめします。

カフェインが含まれる青汁には注意をしましょう

カフェインは覚醒効果があり、寝つきを悪くすることもある成分ですが、青汁の中にはカフェインが含まれている抹茶が配合されているものもあります。
睡眠の質を高めるために青汁を飲む場合は、カフェイン入りの青汁は避けた方が良いでしょう。

睡眠の質を高める青汁

青汁には睡眠の質を高めるために必要な成分が含まれています。
飲み続けることでそれらの成分が睡眠の質を高め、良い睡眠をとることが出来るようになるのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品