食事と一緒に飲んだほうがよい?

最近では多くの方が青汁を健康のために取り入れています。
メーカーも様々な種類の青汁を販売しており、飲む人のライフスタイルに合わせて最適な青汁を選ぶことが出来ます。
この青汁ですが、食事と一緒に飲んだほうが良いのでしょうか?その答えは、食事と一緒に飲むと発揮される効果もあるので、その効果を得たい人は食事と一緒に飲んだ方が良いといえます。
具体的に食事と一緒に青汁を飲んだときの効果を見てゆきましょう。

食事と一緒に青汁を飲んだときの効果①不溶性食物繊維の効果

食事と一緒に飲むと発揮される効果とはどのようなものなのでしょうか?まずは青汁に含まれる食物繊維の効果があげられます。
青汁に含まれる食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の二種類があります。
この二種類の食物繊維が食事と一緒に青汁を飲む際に力を発揮します。
まず不溶性食物繊維ですが、口内で咀嚼し、飲み込んだ際の形状をほぼ保ったまま腸に到達します。
そして水分を吸収して膨張して腸を刺激し、腸のぜん動運動を活発化するので、腸内で食品の通過する時間を短くしてくれるのです。
そのため肉類など腸内で腐敗しやすい食品の腐敗を防いだり軽減する効果があるのです。
また、便の排出も促すので、食事と一緒に青汁を飲むと食事と排出の健康的なサイクルの実現が期待出来ます。
これが食事と一緒に青汁を飲むと得られる不溶性食物繊維の効果です。

食事と一緒に青汁を飲んだときの効果②水溶性食物繊維の効果

次に水溶性食物繊維の効果ですが、こちらは不溶性食物繊維と違い、水に溶け、水を吸収するとドロドロしたゲル状に変化します。
そして胃の中で摂取した食品の留まる時間を長くします。
そのため摂取した食品がしっかりと消化されることになり、その後に運ばれる腸内での栄養分の吸収が効率よくされることになります。
また、糖質の吸収を抑える働きがあり、糖質を多く摂りがちな現代人の食生活を改善する効果があります。
糖質の吸収が抑えられると血糖値の上昇が緩やかになります。
そのため糖尿病など血糖値が高くなると発病する病気を予防することが出来ます。
また脂質のひとつであるコレステロールの吸収も抑えるので、過剰なコレステロールの摂取によって引き起こされる動脈硬化や動脈硬化によって引き起こされる脳梗塞などの重篤な病を防ぐことが出来るのです。

食事と一緒に青汁を飲んだときの効果③カリウムの効果

青汁に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分の排出を促してくれます。
そのため塩分の摂りすぎを改善し、むくみや高血圧の防止が出来ます。
このように青汁を食事と一緒に飲むことで様々な健康効果が期待出来るのです。

青汁を目的に合った飲み方で飲みましょう

特に普段肉食偏向の食生活をしている人は、青汁を食事と一緒に飲むだけで植物性の栄養素が摂取出来るので、食生活のバランスの改善が期待出来ます。
もちろん朝食の代わりに青汁を飲む等、食事以外の時間に青汁を飲んでも青汁の健康効果は得られます。
しかし、今回紹介した効果を得るには食事と一緒に飲むことが必要です。
ご自身の目的に合った飲み方で青汁を飲みましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品