自分にあった青汁の選び方とは

現在青汁は100種類以上もの種類があり、複数のメーカーより色々なタイプのものが販売されています。
数多くの種類があるのでその中から自分にあった青汁を選ぶことは少々難しいかも知れません。
そこで今回は自分にあった青汁の選び方をお伝えしたいと思います。
青汁選びのポイントを押さえて自分にピッタリの青汁を選びましょう。

青汁選びに大切な4つのポイント

青汁選びには大きく分けて以下に示すような4つのポイントがあります。

1・青汁の持つ効果効能
2・青汁の味
3・青汁の製品状態のタイプ
4・青汁の価格

以上の4つのポイントを踏まえて青汁を選べば自分にあった青汁を選ぶことができます。
それではひとつひとつ説明してゆきます。

青汁の持つ効果効能を調べる

1の青汁の持つ効果効能ですが、同じ青汁でも種類により効果効能が変わってくるので選ぶ際に必要な基準になります。
代表的な青汁の原料であるケールや大麦若葉、明日葉にもそれぞれ固有の成分や作用があります。
ケールには自然で安定した睡眠へと導くメラトニンという成分が含まれていますし、大麦若葉にはSOD酵素と呼ばれる糖尿病、高血圧などの生活習慣病に有効とされる成分が含まれています。
また明日葉にはカルコンと呼ばれる固有の成分が含まれており、内臓脂肪を減少させるなどの効果が認められています。

このように青汁は原料に違いにより得られる効果も変わってきますので、ご自身が得たい効果を得られる青汁を選ぶことが大切です。
また、青汁の中には美肌効果のあるヒアルロン酸を配合したものや、脂肪の吸収を抑える難消化デキストリンを配合したものなど、特定の効果のある成分を追加して配合したものもあります。
それらの成分との組み合わせも参考に選ぶようにしましょう。

続けられる味の青汁を選ぶ

2の青汁の味ですが、身体に良いものでも味が合わなければ長く続けることは難しくなります。
原料の違いにより味も変わりますので、サンプルや初回限定の安価な青汁で味を確かめてみることも必要です。
昔ながらの強い煮貝の青汁もあれば、抹茶を配合して飲みやすくしたものもあります。
中には果汁入りのものやオリゴ糖を配合したものもあり、甘く飲みやすいものもあります。
長く続けられそうな味の青汁を選ぶこともポイントのひとつです。

ライフスタイルに合ったタイプの青汁を選ぶ

3の青汁のタイプですが、青汁にはそのまま飲める液体タイプ、水などに溶かして飲む粉末タイプ、解凍してから飲む冷凍タイプ、軽くて小さい携帯に便利な錠剤タイプがあります。
ご自身のライフスタイルに合わせて最適なタイプの青汁を選ぶと良いでしょう。

品質と価格のバランスを考えて青汁を選ぶ

最後に4の価格についてですが、青汁は安いものは20日分で400円程のものから1か月分で4,000円程のものまで様々な価格があります。
1杯辺りの価格は20円から130円くらいになります。
1杯辺り100円前後の青汁が最も多い価格帯になります。
もちろんしっかりとしたメーカーの青汁は価格に見合った品質の青汁を提供しています。
初めて青汁を飲む方は安価な青汁から試してみることも良いでしょう。

以上4つのポイントを確認して自分にあった青汁を選んでみてください。
青汁は長く続けることで効果が表れてきますので、自分に合った長く続けられる青汁を選ぶことが大切です。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品