青汁で手作りスムージー

画像の説明

青汁とグリーンスムージーは共通点が多い飲み物です。
どちらも緑色で、栄養が豊富で、健康効果や美容効果があり、ヘルシー!
しかし、違いもあります。
青汁とグリーンスムージーの大きな違いは「糖質」です。
グリーンスムージーには果物が入るので甘くて飲みやすいのですが、青汁と比べてどうしても糖質が多くなってしまいます。

ヘルシーな飲み物が良い方には青汁、甘くて飲みやすい飲み物が良い方にはグリーンスムージーがオススメです。

青汁とグリーンスムージーの良いとこ取りをしたい!という方もいらっしゃると思います。
そういう方にオススメなのが、青汁で手作りスムージーを作ることです。

青汁の原料は大麦若葉、明日葉、ケールなど比較的手に入りにくい野菜や植物ばかり。
ですから、青汁はそのまま市販のものを使うと便利です。
スムージーで使う野菜や果物は、スーパーなどで手に入る新鮮なものを使いましょう。

オススメの野菜や果物は、小松菜、レタス、水菜、大葉、モロヘイヤ、青梗菜、バナナ、マンゴー(冷凍も可)、リンゴ、みかんです。

逆にグリーンスムージーに合わない野菜や果物は、キャベツ、にんじん、とうもろこし、かぼちゃです。
でんぷん質が多い野菜は控えましょう。
青汁スムージーを作るときには、水で作ってください。
牛乳、豆乳、ヨーグルトはNGです。
スムージーを作るときに使う水の量は一リットル~二リットルを目安にしてください。

そして飲む時には冷やさずに常温のまま飲みます。
食事と一緒に飲むのではなく、単体で飲むようにしてください。
こうやって書いてみると、意外とルールが多くて面倒な感じもしますが、慣れてしまえば問題ありません。

グリーンスムージーに使う野菜や果物は、毎回買ってくるのではなく一度にたくさん買ってきて冷凍保存をしておけば楽です。

青汁スムージーは健康にも美容にも、ダイエットにも効果的です! 朝食の代わりに青汁スムージーを飲むとダイエットができます。
体がどんどん健康になっていくので、青汁スムージー生活にハマること間違いなしです!