青汁は飲むタイミングで効果が違う

画像の説明

美容と健康に良い青汁。
抹茶風味やフルーツ風味で飲みやすい青汁が販売されているので、青汁を飲む方が増えてきています。
青汁は栄養がたくさん入っているので、野菜不足の方にも人気の飲み物です。
実際に青汁を飲み始めて一週間で便秘が解消された、肌荒れが治った、目覚めの疲労感がなくなったという方がたくさんいらっしゃいます。

基本的に青汁はローカロリーですし、いつ飲んでも大丈夫。
しかし、青汁は飲むタイミングで効果が違うんです。

青汁の栄養を効果的に補給したい方は、朝飲みましょう。
人は寝ている間にもエネルギーを消費しているので、朝起きたばかりの体はスポンジのように栄養を吸収しやすくなっているんです。

最近栄養を摂れていないという方は、朝青汁を飲んでみてくださいね。
ただし、一つ気をつけていただきたいことがあります。
それは、青汁の温度です。
起きたばかりの空腹状態で冷たい青汁を飲むと、胃に負担がかかってしまいます。
できるだけ常温の水で青汁を作るか、温かいお湯で青汁を作って飲んでください。

ダイエット効果を実感したい方は、食前に青汁を飲みましょう。
食事の前に青汁を飲むと、青汁に入っている豊富な食物繊維によって満腹中枢が刺激されます。
それにより食べ過ぎを防ぐことができるんです。

血糖値が気になる方は食事中に青汁を飲んでください。
特に、食物繊維が豊富な青汁を飲むと効果的です!食物繊維のおかげで血糖値の上昇を抑えることができます。
最近の青汁は飲みやすい味が多いので、食事中でもお茶感覚で飲むことができますよ。

便秘解消したい方は就寝前に青汁を飲みましょう。
寝る前に青汁を飲むと、適度に栄養を補給することができますし、食物繊維をおかげで寝ている間にお腹の中をキレイに掃除してくれるんです。

お腹をキレイにするときにどうしても腸が動くので、眠れなくなる!という方もいらっしゃいます。
そういうときには、青汁を飲む時間をずらしてみてください。

ご紹介したように、体への効果別に青汁を飲む時間を工夫すると、よりダイレクトに青汁の効果を実感することができます!