中性脂肪を青汁が減らしてくれる?

画像の説明

中性脂肪は体に悪いものという印象が強いですよね。
中性脂肪は、体を動かすエネルギー源になる物質です。
飲酒をしたり炭水化物を多く摂ると中性脂肪が増加します。
中性脂肪はある程度は必要なのですが、必要以上の中性脂肪は不要。

一度ついてしまった中性脂肪ってなかなか下げられないんですよね。
中性脂肪を下げるためには、運動をしたり、ヘルシーな食生活を心がけないといけなかったり、ストレスフルな生活を送らなければいけません。

大変な思いはしたくないけど、中性脂肪は下げたい!という方にオススメなのが青汁です。
青汁を飲むと、中性脂肪が下がるのは何故なのでしょうか。

青汁の原料としてよく使われている植物が大麦若葉です。
大麦若葉には悪玉コレステロールの酸化抑えるSOD酵素という成分が含まれています。

明日葉には、黄色い汁「カルコン」が含まれているのですが、このカルコンは体内に脂肪がたまるのを防ぐ作用があるんです。
このカルコンは明日葉特有のポリフェノールです。

桑の葉は、桑の葉に含まれているポリフェノール成分が中性脂肪の合成を抑制し、中性脂肪を分解して燃焼してくれます。

ケールにはクロロフィルをいう成分が含まれていますが、この成分はコレステロールや中性脂肪を下げる作用があります。
これらの成分の他にも、青汁に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維は中性脂肪に効果的に作用します。
青汁はどの原料がメインになるかで、体に現れる健康効果も微妙に変わってきます。
中性脂肪に効果的な原料は、大麦若葉、明日葉、ケール、桑の葉が入っていれば大丈夫なのですが、もっと中性脂肪を下げることに特化した青汁はないのかという方もいらっしゃいますよね。

そんな方にオススメなのが、トクホマークがついた青汁です。
トクホマークがついた青汁は限られているので選びやすいですし、公式サイトでどのように中性脂肪にアプローチしていくのかわかりやすく解説されているので、納得した上で飲み続けることができます。