青汁はお湯で溶かしても大丈夫なの?

画像の説明

青汁は水にサッと溶けすぐに飲めて、味もお茶のように美味しいので、毎日欠かさず青汁を飲んでいるという方が増えてきました。
青汁は抹茶風味が多いので、水だけではなく牛乳や豆乳に混ぜて飲む方もいらっしゃいます。
寒い冬、飲み物はできるだけホットで飲みたいですよね。
青汁はお湯で溶かしても大丈夫なのでしょうか。

青汁にはたくさんの栄養が入っているので、お湯に溶かすことで栄養を摂取できないのではないかと気になってしまいますよね。
結論からいうと、青汁はお湯で溶かしても大丈夫です。

ビタミンCは熱に弱い性質があるという特徴がありますが、短時間の加熱であればビタミンCはほとんど破壊されないんです。
他の栄養素についても、ほとんど熱に強い成分ですし、栄養素が外に溶け出してしまっても汁ごと飲むので全く問題ありません。

青汁をホットで飲むことは、むしろ体にとっては良い事です。
程良い温かさの青汁を飲むと、消化吸収率がアップします。
温かい青汁を飲むので体が冷えることなく、代謝が良い状態で栄養を吸収できる方が体には効果的ですよね!
ただ青汁をホットで飲む場合に、一つだけ気をつけなければいけないことがあります。
それは作り置きをしないということです。
青汁をお湯で溶かしてそのまま放置しておくと、栄養素が酸化して壊れていってしまいます。
冷めた青汁を冷蔵庫で保冷しても、一度破壊された栄養素は元に戻らないので、お湯で作った青汁はできるだけ時間を置かずに飲むようにしてください。

青汁を温めた牛乳に混ぜて飲むこともできます。
ホットミルクは安眠効果がありますし、青汁に入っているカフェイン量はごく微量なので寝る前に飲んでも問題ありません。
温めた牛乳に青汁を混ぜても、先ほどご説明したように栄養素が瞬時に壊れるわけではないので栄養的にも問題なしです。

毎日飲む青汁だからこそ、自分が納得しないと栄養もちゃんと吸収できないような気がしますよね。
青汁の飲み方の鉄則としては、水であれお湯であれ、青汁と混ぜたらできるだけ早めに飲む!これだけです。