花粉症になってしまったら青汁

花粉症はアレルギー症状のひとつですが、青汁が花粉症対策に有効です。
今回は青汁の花粉症への効果についてお伝えしてゆきます。

花粉症とは

花粉症はアレルギー反応を引き起こす原因物質であるアレルゲン(この場合は花粉)が目や鼻の粘膜に付着するとかゆみや鼻水、くしゃみなどを引き起こします。
国民病ともいわれる程多くの人がこの花粉症になっており、毎年花粉の飛散する時期に耳鼻科へ通院する人が後を絶ちません。
耳鼻科では鼻へ直接症状を抑える薬を付けたり、症状を抑える内服薬や目薬を処方しますが、根本的な治療にはアレルギー体質の改善が必要になります。
青汁を飲み続けている人や、体質改善の目的で青汁を飲み始めた人には実際に体質が改善され、花粉症が軽減されたり完治した人もいます。

花粉症に有効な青汁の食物繊維

青汁のどのような成分が花粉症対策に有効なのでしょうか?花粉症対策に有効な青汁の成分のひとつが食物繊維です。
食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維がありますが、どちらも腸内環境を改善し、免疫力を高め、正常化する効果があります。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は腸を刺激して腸のぜん動運動を活発化するので腸の栄養素の吸収機能や不要なものの排出機能を高めます。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。
この二種類の食物繊維の効果で腸の環境が良くなり、腸の機能が高まると同時に免疫力も高まり正常化するのです。

免疫力を強化する青汁

腸内には多くの免疫細胞が存在するので、腸内環境が整うと、それらの免疫細胞が活性化しますし、機能が高まった腸の力で栄養素が効果的に吸収され、毒素などの不要なものが速やかに排出されるようになります。
花粉症などのアレルギー症状は免疫機能の過剰な反応がその症状の原因といわれていますが、免疫力が高まり正常化すると過剰な反応が抑えられてきます。
そのため花粉に対しても身体が過剰に反応しなくなり、花粉症の症状が改善されてくるのです。

ケールに含まれる花粉症に有効な糖脂質

青汁の代表的な原料であるケールに含まれる糖脂質にはアレルギーを抑える効果があることが研究により明らかにされています。

活性酸素を除去する葉緑素とビタミンC

花粉症で目や鼻に炎症が起こると、その部分に活性酸素が過剰に発生します。
活性酸素は細菌など外部の身体に悪い影響を与えるものを攻撃して無害化する作用がありますが、過剰に発生してしまうと身体も傷付けてしまいます。
青汁に含まれている葉緑素やビタミンCには強い抗酸化作用があり、この過剰に発生した活性酸素を除去してくれるのです。

青汁は飲み続けることで効果を発揮します

このように青汁には花粉症を改善する効果がありますが、その効果は薬のように飲んですぐに効果が表れるものではありません。
青汁の効果が認められるまで数か月ほどの期間が必要になります。
薬は症状を抑える即効性がありますが根本的な治療にはなりませんので、薬を飲むことを止めると症状が再び現れる場合があります。
青汁は効果が認められるまである程度の期間が必要ですが、身体の機能を高め、体質を改善し花粉症の症状を改善するので根本的な花粉症の体質改善に期待が出来るのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品